買い物から始めるダイエット方法 【お肉類】 太らないためのお肉買い物術! 部位選びと食べ方(お肉料理レシピ) まとめ


  牛肉・豚肉・鶏肉
 買い物から始めるダイエット方法 まとめ
【牛・豚・鶏肉のダイエットに適した部位選びと食べ方(調理方法)を身につけよう! 】

ダイエットは食材を選ぶ買い物の時から始まっている!をコンセプトに《お肉やお魚・魚介類(魚卵や貝類)・野菜・調味料》など、身近な食品をターゲットに栄養バランスを考慮しつつ太らないための賢い食材の選び方、またその後の食べ方(調理方法)までを皆さんにお伝えする買い物から始めるダイエット方法

買い物1.png


本記事は食材《お肉》に関する情報のまとめ記事になります。
牛肉・豚肉・鶏肉、一般家庭の食卓に並ぶ率が高いと考えられるこれら3種のお肉をターゲットに、各肉がもつ特徴をはじめ、買い物時に役立つダイエットに最適な部位選びから、買い物の延長線上にある料理時に使える太らないための調理テクニックまで網羅。

お肉は食べたいけど太りたくない! 食べても太らない方法ってあるの?

このような相反する葛藤にニーズを感じている方は勿論、お肉を食べる機会の多い方、家庭でお肉料理を多用されている方などは有効活用。ここから得たお肉の知識が今後の買い物や調理スタイルの意識変化を促し、ダイエット成功に向けての助力となれば幸いです。

牛肉

牛肉 部位.png


  ダイエット中の賢い牛肉選び 1
・ダイエット中の薄切り牛肉ならどこの部位を選べば良い?
・ダイエット中だけどステーキが食べたい! どこの部位を選べが良い?
・ひき(ミンチ)肉に要注意!


牛肉のヘルシー部位を《選ぶ意識と食べる習慣》を身につけよう!

  ダイエット中の賢い牛肉選び 2
・成牛と子牛の違いについて。
・ダイエット中なら〇〇牛の方が良い。
・ダイエット中にオススメな牛肉料理レシピ。


ダイエットに適した牛肉の品種選びと調理方法(料理レシピ)!

続きを読む

買い物から始めるダイエット方法 【鶏肉】 太らないための賢い鶏肉の部位選びと食べ方(鶏皮に要注意)


 買い物から始めるダイエット方法 【鶏肉】
【ダイエットに適した鶏肉の部位選びと食べ方(調理方法)を身につけよう! 】

 鶏肉はダイエットに最適?
肉体改造をテーマに扱う雑誌やテレビなどでアスリートやボディビルダーの方々が口を揃えて言います。
『肉体づくりには鶏肉を食べるのが効果的!』
皆さんの中にも、その手のメディアに興味のある方であれば見聞きした経験があるのではないでしょうか。

 鶏肉の特徴
まず@高タンパクで低脂質、脂肪をつけずに筋肉をつける肉体づくりに適した食材。
そして他の肉種(牛や豚)と比較するとA低カロリーB消化・吸収が良い太り難い食材。
CビタミンB群が豊富で糖質・脂質の代謝を向上させてくれる食材。

これら4つの特徴から分かるように、鶏肉は筋肉と脂肪を緻密に管理した肉体づくりを必要とする競技に身を置くアスリートやビルダーの方は勿論、太らないことをニーズとするダイエットにも非常に効果的、また最適な食材であるといえます。

よし!そうと分かればこれからのお肉選びは鶏肉に特化させよう。
高タンパクで低脂質、カロリーは低くて消化・吸収にも優れてる!
これなら抵抗なく食べられるね♪


頬いい感じ.gif


はい。鶏肉における太らない認識としては決して間違ってはいません。
ですが、だからといって欲するまま好き勝手に食べて良いという訳ではありません。
太らないための【鶏肉の部位選び】【鶏肉の食べ方(調理方法)】
これら2点だけはしっかりと守らなければなりません・・・言い換えると、これら2点だけ守り正しく食べる知識さえ身につけていれば、鶏肉が原因で太ることはまずありませんし、ダイエットに適した体質(筋肉が多く脂肪を燃焼させやすい体質)づくりに一躍買う食材としても有益な効果を期待することが出来ます。
鶏肉の特徴である高タンパク低脂質という性質は筋肉づくりに最適。
筋肉には脂肪を燃焼させる働き(代謝)があるため、適度に筋肉のついた身体は筋肉量の少ない身体よりも太り難く痩せやすい。

illust1443_thumb.gif


 買い物から始めるダイエット方法
【ダイエットは食材を選ぶ買い物の時から始まっている】という観点から太らないための事前対策、買い物時の食材選びに着目。
《お肉や魚介類・野菜・調味料》など、誰もが目にし手にとる身近な食品をターゲットに、栄養バランスを考慮しつつダイエットに適した賢い食材選び方法を皆さんにお伝えしていきます。

今回扱う食材は肉類最後となる鶏肉。
【ダイエット中の賢い鶏肉の部位選び&食べ方(調理方法)】になります。
鶏肉を食べても太らない方法を知識としてしっかりと身につけておきましょう。

お肉.jpg


  ダイエット中の賢い鶏肉の部位選び&食べ方
・低カロリーで太らない鶏肉のヘルシー部位は?
・鶏肉を調理するときは絶対に鶏皮をとること。


続きを読む

買い物から始めるダイエット方法 【豚肉3】 ハム類トップクラスの高カロリー《生ハム》の食べ過ぎ&カロリーオーバーに要注意!


 買い物から始めるダイエット方法 【豚肉3】
【生ハムは太る! 高カロリー&食べ過ぎる、2つの太る原因を頭に入れておこう】

 生ハムとは?
豚肉を塩漬けにした後、低温で燻煙(くんえん)し湯煮にしない、もしくは燻煙はせずに乾燥製法させたハムのことをいいます。
生ハムの歴史は深く、世界的には燻煙製法は一般的なものになるのですが、保存食文化の発展を必要としない国土の関係、また生肉(食)への抵抗から加熱製法を主流とする日本での定着は遅く、生ハムメロンや生ハム春巻き・パルマハムなどの料理を通じて徐々に浸透していくことになります。
近年ではすっかりと認知され、多くの料理店でサラダやピザといったジャンルに捉われないレシピで多用されるだけでなく、スーパーマーケットのハムコーナーでも売られているため手軽に購入出来、必然的に食べる機会も多くなってきています。

脂っこくなく、ついつい食指が伸びてしまう程よく塩分の効いた味。
お酒との相性は勿論、数多くの食材との食べ(組み)合わせにも優れた生ハム。
幅広く料理レシピにも活用出来るため、常備食品として愛用し食卓を賑わされている方も多いのではないでしょうか。
生ハムメロン.jpg

 買い物から始めるダイエット方法
料理が卓上に並ぶ前の先手ダイエット対策、【ダイエットは食材を選ぶ買い物の時から既に始まっている】という観点から、そもそもの太る原因となる要因(食材選び)に働きかけ、太らないための事前対処を促すことがコンセプトに《お肉や魚介類・野菜・調味料》など、買い物の際に誰もが目にし手にとる身近な食品をターゲットに、栄養バランスを考慮しつつダイエットに適した賢い食材選び方法を順次皆さんにお伝えしていきます。

今回扱う食材は豚肉《生ハム》
【ダイエット中の賢い豚肉選び】の第3回記事になります。
ダイエットに適した豚肉を選ぶ、利き肉が出来る賢い目を身につけましょう。

お肉.jpg


  ダイエット中の賢い豚肉選び 3
 ダイエットとの相性は最悪(太る)
ついつい食べ過ぎてしまう生ハムに要注意!


前回までの記事と比較するとそれほど重く受け止める内容ではありませんが、生ハムを好んで摂取する機会が多く、ニーズを感じられる方は簡単にでも一読しておくようにしましょう。
ここから得た知識を今後の買い物スタイルや食卓事情に対する意識の変化へと繋げ、皆さんが取り組むダイエット生活を支える手段の一手として有効活用していただければ幸いです。

続きを読む

買い物から始めるダイエット方法 【豚肉2】 豚肉の特徴は食品の中でトップクラスのビタミンB1含有量! ビタミンB1の幅広い有益効果


 買い物から始めるダイエット方法 【豚肉2】
【豚肉に多く含まれる《ビタミンB1》のダイエット・美容・健康面にもたらす有益効果を理解しよう】

 買い物の時から始まるダイエット!
口に食べ物を入れる前の更に前、食材を手に取る買い物の時点から対策を練り、ダイエットに適した食材をしっかりと吟味し正しく選ぶ知識と意識を持ってみてはいかがでしょうか。
食べた後の運動といった後手対策では継続が困難という方も多いはず・・・ですがこれなら安心!
料理が卓上に並ぶ前の先手ダイエット対策、【ダイエットは食材を選ぶ買い物の時から既に始まっている】という新たな観点を持ち、そもそもの太る原因となる要因(食材選び)に働きかけ、太らないための事前対処を促すことが本カテゴリーのコンセプトになります。

買い物2.jpg


 買い物から始めるダイエット方法
お肉や魚介類・野菜・調味料など、買い物の際に誰もが目にし手にとる身近な食品をターゲットに、栄養バランスを考慮しつつ、ダイエットに適した賢い食材選び方法を順次皆さんにお伝えしていきます。
今回扱う食材は前回【ダイエット中の賢い豚肉選び1】に続き《お肉(豚)》、第2回記事になります。
牛肉、豚肉、鶏肉の順で記事にしていきます。
ダイエットに適した豚肉を選ぶ、利き肉が出来る賢い目を身につけましょう。

お肉.jpg


  ダイエット中の賢い豚肉選び 2
牛肉の約10倍! 豚肉に含むビタミンB1を有効活用。

本記事で扱うのは上記1点のみですが、豚肉の特徴を語る上で外せないもっとも重要な内容になります。
しっかりと理解を深め、ここから得た知識と気付きを今後の買い物スタイルや食生活に対する意識の変化へと昇華させ、皆さんが取り組むダイエット生活を支え、成功へと導く手段の一手として有効に活用していただければ幸いです。

続きを読む
        オススメダイエット商品(2015.6) 【スキンフェアリー】