ダイエットの豆知識 【栄養素】 食事に対する小さな意識で大きな結果! 七大栄養素の働き まとめ


 今さら他人には聞けないダイエット豆知識 【栄養素 まとめ】
【七大栄養素の働きを理解し、個々のニーズに合わせ意欲的に食生活の中に取り入れてみましょう】

 三大栄養素である【炭水化物(糖質)・脂質・タンパク質】に始まり、微量栄養素である【ビタミン類・ミネラル】を加えた五大栄養素、そこに第6の栄養素【食物繊維】が加わり、最後の締めとして入ってくる第7の栄養素【機能性成分フィトケミカル(ファイトケミカル)】、これらすべてを合わせて七大栄養素
 全4記事という小さな規模での紹介となり、栄養学の観点から捉えると掘り下げも甘く、至らぬ箇所も多々見受けられるかと思いますが、ダイエットや美容ニーズの観点からみてある程度の要点はお伝えすることが出来たのではないかと自負しており、また読者の方々からいただいたメールも好意的な内容が多くホット一安心、嬉しく思っております。
 本記事は一部の読者様からの要望を受けての【栄養素《まとめリンク記事》】になります。
先にも述べた通り僅か4記事という小規模なものになりますが、ニーズをお持ちの方は本記事をブックマークといった手段で起点とし、栄養素(食事)によるダイエット・美容・健康法、美しく健やかな体を作る上での参考資料として活用していただければ幸いです。

食べ物.jpg


 体の基盤を構成する三大栄養素とは?
体のエネルギー源である炭水化物(糖質)と脂質。
細胞を構築する上での原料であるタンパク質。
体の根本(基盤)を構築させる中心的存在(心臓部)であることから、これらは総称【三大栄養素】と呼称されており、美しく健やかな体を作る上で真っ先に着目し意識を持たなくてはならないのがこの3つの栄養素になります。

まずは土台作り! 三大栄養素で体の基盤を構築

 微量栄養素で三大栄養素を補強アシスト!
微量栄養素と呼称されるビタミン類とミネラル、この2つは三大栄養素のように体の構成材料になるものではありませんが、三大栄養素の働きを補強し、スムーズにアシストする役割があります。
三大栄養素にこの2種の微量栄養素を加えたものが【五大栄養素】
緑黄色野菜や果物に多分に含むビタミン類、海藻類などに多分に含まれているミネラル。三大栄養素の働きを最大限にまで昇華させ体の基盤をより盤石なものとするためにも、どちらも積極的な摂取を心掛けたい栄養素になります。

三大栄養素の働きをアシスト! 微量栄養素(五大栄養素)摂取で盤石の体作り

続きを読む

ダイエットの豆知識 【栄養素】4 美容・健康業界が注目! 第7の栄養素フィトケミカル(ファイトケミカル)とは 《種類・成分名称・効果・成分を含む食べ物》


 今さら他人には聞けないダイエット豆知識 【栄養素4】
【機能性成分(フィトケミカル)の種類・得られる効果を理解し、ニーズに合った食べ物を食生活に取り入れよう】

 Q.
第7の栄養素とはいったい何? 皆さんは答えることが出来ますか?

疑問3.gif


 A.
機能性成分(※フィトケミカル)
別称ファイトケミカルとも呼ばれています。

 今回は栄養素に関するダイエット豆知識の結び、三大栄養素・五大栄養素・第6の栄養素に続く最後の項目【第7の栄養素である機能性成分(フィトケミカル)】について記述していきます。
栄養素に関する最後の知識の補完として一読しておきましょう

 機能性成分(フィトケミカル)とは
色素や香・アクなどを成分とし、現在において既に数千種類以上が見つかっているにも関わらず、今後も研究がすすむにつれまだまだ数を増やし最終的には1万種にも及ぶといわれている植物栄養成分。その続々と発見されていく新成分に比例するように、現在進行形で美容・健康界など幅広い業界から注目を集めている成分になります。

 機能性成分(フィトケミカル)がもたらす幅広い有益効果
数千種類以上という数だけあって、それらから得られる効果も非常に多岐に渡ります。
老化防止・目や皮膚の組織を保護する(紫外線遮断)・コレステロール値低下・中性脂肪低下・発癌率を抑える・風邪予防・肝機能回復、向上・血圧低下(高血圧症予防)・更年期障害防止・骨粗鬆症予防・貧血防止・整腸作用・利尿作用など、ダイエットをはじめ美容や健康、あらゆる側面から我々に恩恵を与えてくれます。
ここで列挙したものは一部のみの抜粋です。

幅広い有益効果は魅力的だけどそんな膨大な種類は覚えられない!?

困った.gif


はい。勿論そのような膨大な数を覚える必要はありませんし、ましてやそれらを意識的に摂取するとなれば不可能といっても過言ではありません。
本記事では数多くの種類の中から【美容・健康面の観点からニーズを強く感じられるもの、また身近な存在として手軽かつ低コストで手に入り取り入れやすいもの】この2点に着目した上で抜粋し紹介していきます。

illust1327_thumb.gif


機能性成分(フィトケミカル)と聞くと、聞き慣れない分これまでに紹介してきた第6の栄養素までよりも少し敷居の高いイメージを持たれがちですが、ワードの難解さばかりが先行しているだけで、実際は身近な存在であり誰もが無意識上で摂取しているものがほとんどです。
本記事より得た知識により無意識上であったものが意識上へと変わり、少しずつでも意図的に摂取していくことが出来るよう微力ながら皆さんに働きかけられれば幸いです。

続きを読む

ダイエットの豆知識 【栄養素】3 体内を掃除する排出系栄養素! 第6の栄養素《食物繊維》のチカラ


 今さら他人には聞けないダイエット豆知識 【栄養素3】
【ダイエット・美容・健康を支える体内清掃員! 第6の栄養素《食物繊維》の役割】

 Q.
第6の栄養素とはいったい何? 皆さんは答えることが出来ますか?

腕組思考2.gif


 A.
食物繊維

 今回は三大栄養素・五大栄養素に続き、上記した【第6の栄養素である食物繊維】について記事にしていきます。
尚、本記事は前回までの記事で紹介した五大栄養素《炭水化物(糖質)・脂質・タンパク質(三大栄養素)、ビタミン・ミネラル(五大栄養素)》に関する知識は既にお持ちであることを前提の進行になりますので、知識を所持されていない方、また知識に不安を覚えられる方は記事を遡り、順を追った上で本記事を読み進めていくようにしましょう。

 【栄養素】第1・2回記事
三大栄養素で体の基盤を構築(記事リンク)

三大栄養素をアシストする微量栄養素(五大栄養素)の重要性と役割

まずは復習も兼ねて今回扱う第6の栄養素までの一覧になります。

  三大栄養素
@炭水化物(糖質)
A脂質
Bタンパク質

  五大栄養素
微量栄養素
CビタミンA−Dなど。
Dミネラル

  第6の栄養素
E食物繊維
水溶性食物繊維
不溶性食物繊維

以上、上記した@からDの五大栄養素に続き、今回新たに登場したE【第6の栄養素と呼ばれる食物繊維】
我々にとって欠かすことの出来ない大切な栄養素になります。

illust1321_thumb.gif


 後半では第6の栄養素である食物繊維を掘り下げ、その役割と重要性について詳しく記述していきます。
体全体に影響を及ぼす食物繊維を上手に摂取すると、ダイエット・美容・健康などあらゆる方面で有益な効果を得ることが出来ます。
【美しく健康的に痩せる、そしてその鍵を握る食物繊維。】
実践に移せる知識となるよう最後まできちんと読み、しっかりと理解を深めておきましょう。

続きを読む

ダイエットの豆知識 【栄養素】2 三大栄養素をアシストする微量栄養素(五大栄養素)の重要性


 今さら他人には聞けないダイエット豆知識 【栄養素2】
【三大栄養素の働きをアシスト! 微量栄養素(五大栄養素)の役割を知って確実ダイエット】

 今回は前回紹介した三大栄養素の働きを補強・アシストする役割をもつ2種類の微量栄養素に着目、【五大栄養素】にまで視野を広げ紹介していきます。
尚、本記事は三大栄養素《炭水化物(糖質)・脂質・タンパク質》に関する知識は既にお持ちであることを前提に進行していきますので、もしも知識をお持ちでない方、また知識に不安を覚えられる方は前回記事から目を通し、その過程を踏まえた上で本記事を読んでいただけるとよりわかり易く理解を深めていただけるかと思います。

 前回記事
三大栄養素で体の基盤を構築(記事リンク)

まずは本記事で扱う五大栄養素までの一覧表になります。

  三大栄養素
@炭水化物(糖質)
A脂質
Bタンパク質

  五大栄養素
微量栄養素
CビタミンA−Dなど。
Dミネラル

以上、上記した@からDを合わせて【五大栄養素】になります。

illust1327_thumb.gif


 後半では今回の主である2種の微量栄養素を掘り下げ、その役割と重要性について記述していきます。
栄養素に対する知識を所持することは、ダイエット・美容・健康など、あらゆる面を有利に運ぶ大切な要素であることは間違いありません。簡単にでも一読し、理解を深めながら確たる知識として獲得しておきましょう。

続きを読む
        オススメダイエット商品(2015.6) 【スキンフェアリー】