原因は浮腫み! 浮腫み体質改善から入るセルライト解消法 セルライトをなくす方法 2  


 浮腫み視点で捉えるセルライトの定義(原因)
セルライトをなくす方法 2
浮腫みを解消させるとセルライトが消える!
【浮腫みを解消させてセルライトを消す&未然に防止しよう】

 セルライトの定義(原因)
@脂肪組織に水分や老廃物が蓄積されたもの。
A流れの悪くなったリンパ液が固まったもの。
B脂肪同士が集まり結合された脂肪のかたまり。
Cセルライトの成分はほぼコラーゲンで構成。


上記した4項目は一般的に【セルライトとは】を示すものとして提唱されている定義、また発生原因になるのですが、実はこの4項目と全く同じ定義(原因)をもつ症例が存在します。
前回記事から読んでいただけている方は既にお分かりかと思いますが、その症例は【身体の浮腫み】になります。
浮腫む女性.jpg

浮腫み体質を改善させてセルライトを消そう!

セルライトを潰す・除去といった《セルライトを直接的に消す方法》が蔓延していますが、傷痕問題や痛みを覚えるケースなど療後トラブルを訴える声も少なからずあるとのこと。
それでもセルライト治療を求める声が後を絶たない現状、いかにセルライトの存在に悩み改善ニーズをお持ちの方が多いということが世の動向からはっきりとうかがえます。
だからといって・・・

少しでも早くセルライトを身体からなくしたい!
焦る表情.jpg

あまりにも強いセルライトを消したいニーズに気持ちが焦り、世の中の動向や治療誘惑に流されてしまうのはリスクを伴う危険行為。
安易な発想になりますが原因が同じであれば解決方法も同じ、つまり浮腫みを解消することは、そのまま同時にセルライトを消すこと、また将来的な発症の予防策とすることを意味しているのです。
安全面やコスト面などを考慮し、浮腫み体質を改善させてセルライトを消すという浮腫みからの視点、つまり《セルライトを間接的に消す方法》という新たな捉え方を持つようにしてみましょう。

問題を招いたケースは一例であり、すべてを否定している訳ではありません。
あくまで私個人の新たな捉え方の提案であり、信頼出来る医療・美容機関で既に治療を試みている方は、医師と相談しながら慎重に療法をすすめていただければと思います。

今回は【セルライトとは】【セルライトが発生するメカニズム】の2点をセルライト視点(前回記事参照)ではなく、セルライトの原因である浮腫み視点から記述していきます。
原因と改善方法がリンクしていますので、セルライト・浮腫み、どちらの改善ニーズをお持ちの方にも興味の持てる内容であること、また具体的な実践方法の記述ではありませんが、得た知識がそのままセルライトを消す方法へと昇華される内容になっております。
《知識=方法》と捉え、セルライトの悩みを解消させる参考として役立てていただければ幸いです。

続きを読む

セルライトと浮腫みの密接な関係性(原因) セルライトをなくす方法 1


 セルライトができる原因と消す方法
セルライトをなくす方法 1
セルライトを消すには浮腫みを解消させること!
【セルライトを消したいのであればまずは身体の浮腫み体質を改善しよう】

 セルライトの定義・原因
医学や美容、健康など様々な見地において研究段階であり現在に至っても確たる答として定まってはいないのですが、セルライトとは【脂肪組織に水分や老廃物が蓄積されたもの】【流れの悪いリンパ液が固まったもの】【脂肪同士が集まり結合された脂肪のかたまり】【セルライトの成分はほぼコラーゲンで構成】というのが現状での定義とされており、視覚的には脂肪線のような形で表皮に発生します。

セルライトを消したい!脂肪線をなくしたい!!
でもセルライトをなくすには具体的にどうしたらいいの?

疑問表情2.jpg

定義が定まっていないとはいえ、確実に目の前に存在するセルライトに『なんとかセルライトをなくす方法はないものか?』と悩みを抱えられている方がおられるのは紛れもない現実。
臀部(ヒップ)・大腿部(太もも横や裏)・腹部といった主に下半身・お腹周りにできることの多いセルライト。
少し前までは、太っている方やダイエットで短期間の間に体重を急激に落とした方などを対象に引き起こされるトラブルとした見方が多かったのですが、食べ物や私生活パターンの変化などが原因となっているのか、近年では特に太っていない方、体脂肪も平均値以下といった細身体型〜標準体型の方などにもセルライトができるといったケースが増加傾向にあるようです。

皆さんは大丈夫ですか?セルライト(脂肪線)はどこにも見当たりませんか?

これまで意識されなかった方も、ご自身の体型などに油断せずご自身の身体全体に見落としがないよう注意深く確認しておきましょう。

セルライト.png


 セルライトを除去・潰す方法?
セルライト除去、潰す方法といった療法が溢れかえっていますが、除去や潰した痕が残ってしまう、また痛みがあるなど、全てとはいえませんが療後トラブルが引き起こされるケースもあるようです。
ましてや医療機関や美容専門機関エステなどでの機械治療であればともかく、『ご自宅・ご自身でセルライト除去』なんてものはあまりにも危険行為!興味深い内容ですが、セルライトを消したい気持ちに焦り迂闊に手を出してしまわないよう注意しましょう。

除去も駄目、潰すのも駄目?
それならセルライトをなくすにはどうしたら良いの?


セルライトと直接向き合うのではなく、少し見方を変え違った視点からセルライトを消していただければと思います。そこで新たな視点として皆さんに捉えて欲しいワードが【浮腫み体質】になります。

続きを読む

2つの体質改善効果! ふくらはぎ筋力トレーニングのやり方 浮腫み解消法 4


  ふくらはぎ改善筋力トレーニング!
 浮腫み(むくみ)体質を改善する方法 4
【ふくらはぎ筋力トレーニングで《浮腫み知らずの体》と《太らない脚》2つの理想体質を手に入れよう】

 身体の浮腫みを解消させる2つのポイント
@ミネラルウォーターを1日2リットル以上摂取する。
A柔軟な筋肉を持つふくらはぎを作り、リンパ・血液など体液を循環させるポンプ力を活性化させる。(詳細記事)

ひとつ目の水分摂取に関してはそれほど難しいことではありませんし【水分摂取=浮腫みを解消させる方法】と頭に入れ、これまでの生活にプラスαの知識と最低限の意識を持ち積極的に取り入れていただければ問題ないのですが、ふたつ目のポイントとなる【柔軟な筋肉を持つふくらはぎを作る】には、きちんとした手順に従い正しい方法でエクササイズを取り入れなくてはなりません。

 ふくらはぎの改善=全身の浮腫みをとる(体質改善)
エクササイズは《ふくらはぎ》のみの改善を目的とした内容になりますが、第2の心臓とまで呼称され全身の循環機能に多大な影響を与えるふくらはぎは、顔・身体・脚部など全身の浮腫み体質を改善させる上でいち早く着目し、早期の改善が求められる重要なパーツといえます。
顔が浮腫むから顔エクササイズ、下半身が浮腫むから下半身エクササイズ、勿論このような認識や方法も間違いではありませんが、今後は『あらゆる身体の浮腫みに対しふくらはぎが影響している』ということも新たな知識、また認識として頭に入れておくようにしましょう。
ひらめき.jpg

前回はふくらはぎエクササイズのひとつ、老廃物の流れをよくし浮腫みを解消させる【ふくらはぎリンパマッサージのやり方】を紹介。あくまでほぐして柔軟にすることを目的とするマッサージであるため、負荷がかかることもなく誰もがお手軽簡単に取り組める内容でしたが、今回扱うものは少し負荷が強くなり【ふくらはぎの筋肉を鍛えるエクササイズ】になります。

 筋肉をつけたら柔軟どころか逆に硬くなるのでは?
よくある質問なのですが、『筋肉は硬い』、『脂肪は柔らかい』という先入観が起因しており正しい認識とはいえません。
筋肉にはただ硬いだけのいわゆる《見せ筋肉》、柔軟でバネと瞬発力を備えた《実用性筋肉》の2種があり、浮腫み体質改善で求められるのは勿論後者になります。
そして注意すべきは脂肪、こちらに関しては柔らかいものであって柔軟といえるものではありませんので勘違いしないよう気をつけなければなりません。
エクササイズを行い【柔軟な筋肉、しなやかで弾力性のあるふくらはぎを作ること】が大切になってくるのです。

早速エクササイズに取り組もう!

下半身の即効性浮腫み解消、一定期間の継続により全身の浮腫みを解消、更にある程度の継続は求められますが、ふくらはぎが柔軟な筋肉をもつ状態へと改善されれば永続的に浮腫み知らずの体質を手に入れることが出来る【ふくらはぎ改善エクササイズ】、ニーズを感じられる方は意欲的に取り組んでいただければと思います。
ではエクササイズ方法に入っていきましょう。

続きを読む

嬉しい3つの効果! ふくらはぎリンパマッサージのやり方 浮腫み解消法 3


  リンパマッサージ体操!
 浮腫み(むくみ)体質を改善する方法 3
【脚の浮腫み即効解消・全身の浮腫み体質改善・下半身痩せの3つの効果 ふくらはぎ《リンパマッサージ》の仕方】

 身体の浮腫みを解消させる2つのポイント
@ミネラルウォーターを1日2リットル以上摂取する。
A柔軟な筋肉を持つふくらはぎを作り、リンパ・血液など体液を循環させるポンプ力を活性化させる。

前々回で身体の浮腫み度診断、前回では上記した2つのポイントの詳細。
そして今回からは仕上げとして【柔軟な筋肉のふくらはぎを作るマッサージ・エクササイズ】のやり方、具体的な実践方法を記述していきます。
いずれも《ふくらはぎ》のみと部分的な改善に特化させたものになりますが、取り組むことにより下半身の即効性浮腫み解消、一定期間の継続により全身の浮腫みを解消、更にふくらはぎが柔軟な筋肉をもつ状態へと改善されれば、永続的に浮腫み知らずの体質を手に入れることが出来ます。

完璧に改善するにはある程度のエクササイズ継続が求められます。
効果には個人差があるため目安期間としてもここでは申し上げることは出来ないのですが、改善状態をはかるひとつの指標として前回記事で扱った【ふくらはぎの状態診断】があります。現在のふくらはぎの状態を知る用途は勿論、経過をはかるツールとしても上手く活用していただければと思います。

体質改善の第一歩はまず自分を知ること!
 身体の浮腫み度診断

エクササイズ前の必読事項!改善知識とふくらはぎの状態診断
 浮腫みをとる2つのポイント&ふくらはぎの状態診断
これだ!.jpg

では早速ふくらはぎ改善エクササイズ方法、今回は【リンパマッサージのやり方】を紹介していきます。

続きを読む
        オススメダイエット商品(2015.6) 【スキンフェアリー】