ダイエットに適した朝食は御飯、それともパン? 食べても痩せるダイエット 2 



 食べても痩せるダイエット 2
【ダイエット中の朝食は御飯、それともパン? いったいどっちが正しい選択?】

『日本人は御飯』という言葉が昔からありますが、近年ではお洒落、かつこだわり製法を持つパン屋さんも身近に次々と増えてきており、ひと手間のかかる御飯ではなく、お手軽に摂取出来るパンを朝食として選択されている方も多いのではないでしょうか。

今回は【御飯とパン、ダイエット中にはどちらが朝食に適しているのか?】の疑問に着目、双方の特性を踏まえ比較検証しながら詳しく解説していきます。

まずは御飯・パン、それぞれのカロリーを簡単におさらいしておきましょう。

おにぎり(1個100g) 170Kcal
御飯(茶碗1膳150g) 250Kcal
御飯(丼ぶり1膳250g) 420Kcal
御飯(コンビニ弁当250g) 420Kcal

non063_s.gif


食パン(6枚切り65g) 175Kcal
食パン(8枚切り50g) 130Kcal
バターロール(1個30g) 100Kcal
クロワッサン(1個40g) 180kcal 
デニッシュパン(1個100g) 320Kcal
※バター・マーガリン(1枚あたり5g〜8g) 約40Kcal
 ジャム(1枚あたり15g〜20g) 約35Kcal

 惣菜パン・菓子パン(一部例)
カレーパン(1個120g) 307Kcal
ソーセージパン(1個124g) 365Kcal
焼きそばパン(1個144g) 350Kcal
メロンパン(1個130g) 360Kcal

non028_s.jpg


一部の抜粋になりますが、上記したものが一般的な朝食の食卓に並ぶ率が高いと考えられる主食カロリーの平均値になります。

 御飯とパンにおけるカロリーの優劣は?
惣菜パンや菓子パンに関しては単品のみの朝食として摂取される方も多いかと思われますが、主食だけの朝食というのは考え難く、これらに加えおかずやサラダなどを同時に摂取されるのが一般的であるため一概に優劣をつけることは出来ません。
ですが、あえて主食のみの観点で捉えるのであれば御飯・パン、ほぼ同等レベルのカロリーと考えて問題ありません。

 カロリーは同等、だったらどっちを食べても同じ?
カロリーの数値のみで捉えるのであれば、主食においてはどちらを食べても差は微々たるものであるため、ほぼ同じという認識で大丈夫です。
ですが、ダイエットという観点で捉えるのであれば【御飯】を主食として摂取した方が有益な効果を身体に働き掛けてくれるといえます。
つまり、詳細は後述しますがカロリー云々ではなく、御飯そのものにダイエット効果が期待出来るということです。

 だったらダイエット中の朝食は御飯一択が良い?
個々のライフスタイルやリズムがあるため、一概に決めつけることは出来ませんし、強制することも出来ませんが、もし朝のひと時に余裕を持てるのであれば、ダイエットにおいては【御飯】を選択した方が有利という認識を持っておくと良いでしょう。

non114_s.gif


後半では、なぜダイエット中の朝食に御飯が適しているのかをさらに深く掘り下げて具体的に説明していきます。

続きを読む

朝食は食べた方が良い? それとも朝食抜きが良い? 食べても痩せるダイエット 1



 食べても痩せるダイエット 1 
【朝食は食べる派、それとも朝食抜き派?ダイエット中ならいったいどっちが正しい選択?】

ダイエットにおいて避けては通れないポイントである食事、そして摂取カロリー。
前回は一日の摂取カロリーをコントロールすること(−80Kcalがポイント)によるダイエット成功の秘訣を紹介させていただきました。
今回からのテーマである朝・昼・晩、ダイエット中の具体的な食事方法と深く連動した内容となるので、より高い効果を得る為にもまず前回記事内容を踏まえた上で併せて本記事を読み進めて頂ければと思います。

一日の摂取カロリー
 ダイエット成功の秘訣は1食80Kcalのカロリーコントロール

ダイエット中の食事、今回からは朝食に着目した内容になります。

・ダイエット中は朝食を食べた方が良いの?それとも抜いた方が良いの?
・朝食には御飯とパン、実際はどっちが適しているの?
・話題の朝バナナダイエットは本当に効果があるの?


まずダイエット中の朝食と聞くだけで、メディアやダイエット情報誌などを通して頻繁に取り上げられることの多いテーマ。一例になりますが、上記の様な疑問が頭の中に思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか。

non113_s.gif


今回からはメインテーマである摂取カロリーを根底に踏まえながら、同時に上記のような疑問が解決出来るよう順次詳しく解説していきます。


続きを読む

ダイエットの秘訣は1食80Kcalのカロリーコントロール(制限) 摂取カロリーダイエット 2



 一日の摂取カロリー 2
【1日たったの80Kcal制限で十分! 摂取カロリーをコントロールしてダイエットを成功させよう】

ダイエット実践過程において避けては通れないポイントである食事、そして摂取カロリー。

食べたら太る、食べなければ痩せる、でも食べないと美容・健康を維持出来ない・・・

ダイエットに奮闘されている方であれば、このような葛藤に苦悩した経験を誰もがお持ちなのではないでしょうか。

困った.gif

 前回ではまず男性・女性の性差、年齢別、身体活動レベル別、身長・体重別で見る適正摂取カロリーの計算方法を紹介、皆さん個々が一日に摂取すべき適正カロリーを算出していただきました。
本記事を含め現在のテーマであるカロリーコントロール(食事・摂取カロリー)ダイエットと深く連動していることは勿論、ダイエットに臨む上での入口に立つという意味でも絶対に知っておかなくてはならない必須事項になります。
まだ計算されていない方は、より高い効果を得る為にもまずは【摂取カロリー計算 個人別で捉えた適正カロリー(こちらから)】を一読、自身の適正摂取カロリーを算出した上で、あわせて本記事を読み進めていくようにしましょう。

ではさっそく本題、今回は一日の摂取カロリーをコントロールすることにより体重を落とす方法を紹介していくのですが、まずはこの言葉を思い出して下さい。

綺麗に痩せるためには極端な食事制限は絶対に行ってはいけない行為!
これはつまり、食事制限をすることにより確かに体重は落ちますが、減量と引き換えに太り易い体質を構築、老化現象を早める、またダイエットにおいてはリバウンドを招くなど、実に多くのトラブルも同時に引き起こしてしまうことを危惧しての意味合いを持つ言葉になります。
詳細は前回記事(こちらから)に記述しています。

 カロリーコントロールによるトラブル原因とは?
 カロリーコントロールで痩せることは出来る?

正しい知識を持ってきちんと摂取カロリーをコントロールすることにより、トラブルを一切引き起こさず綺麗に痩せることはもちろん可能です。
トラブルを引き起こす原因は、食事制限により極端なカロリーコントロールが要因といえます。つまり簡単にいうと、急激な変化に身体が即座に対応出来ず、そこで身体に生じた無理や負担がトラブル発生に直結しているということです。

 1日たった80Kcalのカロリー制限ダイエット
大切なことはあまり極端なカロリーコントロールをしないこと。
綺麗に痩せるためには一日の摂取カロリーを身体が環境変化に対し即座に対応出来るレベルでコントロール、具体的な数値で表すと1食あたりに取り入れる摂取カロリーをたった【80kcal減らすこと】がダイエット成功の秘訣といえます。

illust1447_thumb.gif

1日あたり僅か80Kcalの制限で十分!

身体トラブルを招くような負担、私生活に差し障るような無理は一切求めていません。
お茶碗に約三分の一程度の御飯、コップ一杯のジュース、少量の菓子類・・・など。
1日の中でたった80Kcalの制限・我慢の蓄積が、ダイエット成功へと繋がっていきます。
理由含め詳細については後半で記述していきますので、皆さんが取り組む食事・カロリー制限ダイエットを支える知識として参考かつ有効に活用していただければ幸いです。

続きを読む

一日当たりの摂取カロリーは? 摂取カロリーを計算、個人別で捉えた適正カロリー 摂取カロリーダイエット 1



 一日の摂取カロリー 1
【適正カロリー算出、個人で捉えた一日の適正カロリー摂取量を確認しよう】

ダイエットにおいて切っても切り離せないポイントである食事。
食べたら太る、食べなければ痩せる、でも食べないと身体がもたない・・・
ダイエットに奮闘されている方であれば、このような葛藤に苦悩した経験を誰もがお持ちなのではないでしょうか。

まず初めに言っておくと、食事制限をすることで間違いなく体重は落ちます。
ですが『減量と引き換えに様々な美容・身体トラブルも同時に引き起こしてしまう!』
こちらもまぎれのない事実。決して忘れてはいけませんし、食事制限を行うのであれば背負うことになるリスクを肝に銘じ、しっかりと(自己)責任管理しておかなくてはなりません。

 美容・身体トラブル例
脂肪が綺麗に落ちずアンバランスな体型になってしまう。
筋肉が落ち、脂肪の多いたるみのある身体になる。
リバウンドを引き起こし以前より体重増加、しかも痩せ難い体質になる。
肌荒れを引き起こす。 老化現象を早める。


一部の美容関連に特化させたピックアップになりますが、上記したトラブルは食事制限ダイエットを実践した方が実際に引き起こしたものになります。

上手くいかない.gif

ヤバい!? リスク高すぎ・・・


食事を抑えればてっとり早く痩せられる、理屈としては間違ってはいません。
ですが、ダイエットを成功させたいと思うのは何故ですか?
おそらく根本にあるのは体重を落とすことになるかと思いますが、その先、最終到達点としては『綺麗な自分を手に入れたいから』という目標(理想)を誰もが追い見据えてダイエットに臨まれている方がほとんどなのではないでしょうか。
もしこのように思い、リスク回避したいのであれば食べないダイエットは御法度&本末転倒行為!

綺麗に痩せたいのであれば極端な食事制限は絶対に行ってはいけない行為になります!

きちんと食事を摂取しつつ、身体に負担がこないレベルで体重を落としていくこと、そこでおさえておかなければならない重要ポイントが、今回からの主テーマである【一日の摂取カロリー】になります。

初回である今回は、女性・男性における性差、年齢別、身長・体重別はもちろん、個々における身体活動レベルにも着目し、一日の摂取カロリー、個人単位で捉えた適正カロリーの計算方法を皆さんにお伝えしていきます。
摂取カロリーを意識したダイエットにおいて最も基本であり、また入口ともいえる非情に大切なポイントになりますので、まずは入口に立つという意味の心持ちで、皆さんが一日に摂取すべき適正カロリーを算出してみましょう。

続きを読む
        オススメダイエット商品(2015.6) 【スキンフェアリー】