有酸素運動の時間  体の記憶を騙せ! 1日たった10分の有酸素運動で確実ダイエット 


 有酸素運動の時間 体が生活の中で記憶している有酸素運動の時間
【脂肪燃焼を考慮した理論上では20分以上で正解!でも実は意識的な有酸素運動は1日たったの10分でOK】

 有酸素運動《時間》の定義
有酸素運動の時間は必ず20分以上取り組むこと!
理由は20分を超えてからが脂肪燃焼時間へと入るから。

上記した20分以上を強調した有酸素運動の時間定義は誰もが耳にし既にご存知かと思いますが・・・
まず初めにはっきり言いますと意識的に行う有酸素運動は1日に10分だけで結構です。

illust1327_thumb.gif

運動時間は10分で十分!

否定的な提示になっていますが、有酸素運動(脂肪燃焼)の時間は20分以上という定義に間違いはありません。
しかし誰もが周知の内容を今更記事にしてもと思い、新たな観点から有酸素運動の時間を捉えての内容になっております。
また有酸素運動を定義時間に従い取り組み、既に効果が得られている方は読んでいただく必要はありません。

 有酸素運動の時間に対する疑問提示(前回の復習)
基本定義に基づき《酸素を体内に送りながら運動を行うこと=有酸素運動》と単純に捉えるのであれば、呼吸をしながら生活を送る私たち人間は無意識の中で常に有酸素運動を行っていることになります。しかも、当然ながらその運動時間は20分をはるかに超過されている方がほとんどです。
でも矛盾の生じたおかしな話ですよね。
有酸素運動は生活の中で十分行っているし、理論上での痩せる(脂肪燃焼)条件は十二分に満たしているというのに何故か脂肪は全然燃焼されないし痩せないのですから。

 前回記事
有酸素運動について&痩せる理由(こちらから飛べます。)

今回は上記した疑問提示に答える形での進行になり、またその中で《意識的な有酸素運動は1日10分》という本記事の根底に据えたメインワードも入ってくることになります。
斜に捉えた内容になりますが、統計としてある程度は立証出来るデータになっておりますので興味のある方は最後まで読み参考としていただければ幸いです。

続きを読む

有酸素運動とは? 痩せる理由はリパーゼと酸素を使った脂肪分解・燃焼効果!


 有酸素運動とは? 有酸素運動について&痩せる理由(仕組み)
【ダイエットに効果的な有酸素運動についての知識と理解を深めよう】

  有酸素運動とは?
代表的なものとしてはウォーキングやジョギング、サイクリングウォーキングやジョギング・水泳(水中ウォーキング)など、瞬発的な強度が求められる無酸素運動(筋力トレーニングなど)と違い、強度を抑えながら比較的長い時間行う運動が有酸素運動になります。
名称由来は、呼吸をしながら運動することで酸素を体内に送り込み、その酸素を使い筋肉を収縮させる上で使われるエネルギー《アデノシン三燐酸》を作り出す、このような運動と酸素の関係性と働きから有酸素運動と呼ばれています。

歩く女性.jpg


  有酸素運動は痩せる!その理由は・・・
内臓や皮下部分に蓄積された脂肪はリパーゼという酵素により脂肪酸へと分解されます。
その脂肪酸が筋肉へと運ばれた後に体外から入ってきた酸素によって燃焼され、ここで上でも記述した《アデノシン三燐酸》を作り出すことになります。これら一連の作用によりどんどん痩せていくことになるのですが、少し難しい内容になりましたので簡単かつシンプルにまとめます。

  分解と燃焼効果で痩せる有酸素運動
リパーゼ(酵素)を活性化させ、体内に蓄積された脂肪をどんどん《分解》させると痩せる!
酸素を体内に送り込み脂肪分解された後に出来る脂肪酸を《燃焼》させると痩せる!

リパーゼは体温を上昇させることで脂肪分解作用を活性化させるという特性があります。
つまり、運動により体温が上昇するにつれリパーゼが活性化し脂肪が分解される、そしてその後の燃焼に必要となる酸素・・・もうお分かりですね。
これら2つの分解と燃焼作用の条件を満たし、更に促進させられる運動が有酸素運動であり、また有酸素運動がダイエットに重宝される(痩せる)理由になります。

illust1327_thumb.gif


よし!有酸素運動についての知識と痩せる仕組みは十分理解したし後は実行に移すだけ。
確か運動時間は20分以上って聞いたけど・・・?

続きを読む
        オススメダイエット商品(2015.6) 【スキンフェアリー】