スポーツジムでダイエット 1 人気任せのチョイスはNG。 有酸素運動マシンは運動の継続時間と運動(負荷)領域で選ぶこと!


 スポーツジムでダイエット 1 継続時間と運動(負荷)領域、正しい有酸素運動マシンの選び方
【人気とカロリー消費率だけで選ぶのはNG行動! 自身の運動スタイルに合った有酸素運動マシンを選ぼう】

 ランニングマシン(トレッドミル)・エアロバイク・クロストレーナーなど、様々な種類の有酸素運動マシンを取りそろえ、皆さんのダイエットを応援してくれる場所といえばスポーツジム
また、ダイエット目的だけでなく筋力をつけるコアトレーニンング(無酸素運動)は勿論、ヨガやストレッチといった関節体操、ボールやグローブなどを取り入れ趣向をこらした様々なエアロビクスやアクアビクス、スキルアップを目的とした水泳教室や時代のニーズを捉えたダンス教室まで。
バラエティに溢れ実に多くの種類の運動が取り組める場所ですから、読者様の中にも実際に利用されている方が多くおられるのではないでしょうか。

インストラクター(女性).jpg

一緒に頑張りましょうね!


 有酸素運動マシンでダイエット!
多種多様な展開をみせるジムプログラムの中、ダイエットの花形ともいえる有酸素運動マシンに着目し、私自身がインストラクター時代に培った経験と知識を踏まえ紹介していきます。
文頭でも記述した通り数多くの種類があり、【痩せる目的】としてはひとつの括りでまとめることが出来るのですが、《走る》《漕ぐ》《踏む(ステップ)》といったように運動内容は当然マシンごとに異なりますので、マシンそれぞれには利点欠点が混在しています。
今回から数回に渡り記述していく本テーマでは、有酸素運動マシンを選ぶ上での正しい知識、また各マシンごとが持つ特徴の理解を深め、個人(皆さん)とダイエット相性の良い有酸素運動マシンを見つけていただくことが最終目的となります。
初心者の方にもわかり易くお伝えしていきますので、スポーツジムでのダイエットを支える知識として参考としていただければ幸いです。
私自身の経験に基づいておりますので、すべてのジムが本記事内容に同調するとは限りません。

インストラクターさんに『とにかく痩せたいのでオススメを教えて下さい?』と聞くと・・・

教えるインストラクター.jpg

これは痩せますよ!


 インストラクターと利用者の葛藤
利用者側のニーズに応えマシン解説を専門用語なども交えながら丁寧に指導してくれるのですが、インストラクターは基本的にカロリー消費(燃焼)率やジム内での人気を反映させオススメすることが多くあります。
勿論、個別相談といった形で対応することもありますが、『痩せたい』『体重を落としたい』など漠然としたニーズをお持ちの方が多く、またデリケートな悩みもあって初見ではインストラクターも深く介入出来ないため、どうしてもこのような対処をとる機会が多くなるということです。
ですが、利用者側としても本当は『この部分をこうしたい』『ここは残しつつこの部分の脂肪だけを落としたい』といった細部における改善ニーズをお持ちの方は沢山おられます。
しかし、初見では知識不足により聞きたくても聞けない、専門用語で話されてもチンプンカンプンなんてことは当たり前、このようなもどかしさを覚える経験をされた方もおられるのではないでしょうか。

疑問表情2.jpg

上手く伝えられない・・・


まず初回となる今回は沢山の種類がある《有酸素運動マシンを選ぶ上での留意点とダイエットに適した正しい選択方法》について。

『この有酸素運動マシンはカロリー消費率が高くジムでは人気なんですよ』とインストラクターに言われてもすべてを鵜呑みにしないこと!!
有酸素運動マシンで痩せる上で大切なものはカロリー消費率や人気ではなく・・・

続きを読む

有酸素運動 脂肪燃焼以外に得られる様々な有益な効果!



 有酸素運動の効果とは
【有酸素運動がもたらす脂肪燃焼以外の有益効果】

有酸素運動で痩せるためには20分以上取り組まなければならない。
このような先入観をお持ちの方が多いのではないでしょうか?
20分以上。これはつまり脂肪を燃焼させる時間からくる指標であり、勿論理屈として間違ったものではないのですが、実は1日たった10分の有酸素運動でも痩せることが出来ます。
本ブログでは【1日10分の有酸素運動ダイエット】を推奨し、皆さんにお伝えしてきました。

1.有酸素運動は20分以上で痩せるという定義の矛盾点に着目。
有酸素運動の痩せる理由については《こちらから》

2.1日たった10分の有酸素運動で痩せる理由とは?
22名で実施したダイエット実験で、得られる効果を検証・立証については《こちらから》

3.おすすめ有酸素運動【体幹ウォーキング】とは?
絶対痩せる体幹ウォーキングの歩き方
@歩く姿勢については《こちらから》
A骨盤の前傾意識については《こちらから》

有酸素運動ダイエットを現在行っている方は勿論、普段から時間に追われた多忙な生活を送り『ダイエットはしたいけどなかなか時間を捻出できない』と悩まれている方でも簡単に取り入れられるダイエット方法になります。
ニーズを感じられる方は必読、しっかりと知識と方法を身につけ取り入れてみましょう。
ここまで通して読み、既に十分理解されている方は改めて読んでいただく必要はありません。

illust1327_thumb.gif


では今回のお題、有酸素運動により得られる効果についての記述に入っていきますが、まずはじめに・・・
有酸素運動から得られる効果といえば皆さんはどのようなものをイメージしますか?

疑問3.gif

有酸素運動の効果といえば・・・


いかがですか?
おそらくほとんどの方が脂肪を燃やす燃焼系運動と思い描いたのではないでしょうか。
勿論それは大正解!正しい認識であり、ダイエットを主観に捉えるのであれば【有酸素運動=脂肪燃焼】は絶対的な定義になります。
ですが、実は有酸素運動により得られる効果は脂肪燃焼のダイエット効果だけにとどまらず、意外と知られていないのですが健康面や美容面、また精神面においても様々な有益効果を私たちにもたらせてくれます。

本記事ではこの有酸素運動がもたらす脂肪燃焼以外の有益効果に着目、一部になりますが身近なニーズとして感じられるいくつかを抜粋し紹介していきます。
簡単にでも一読し、継続が求められる有酸素運動を支えるモチベーションへと昇華させていただければ幸いです。

続きを読む

有酸素運動体幹ウォーキング≠Q 代謝(燃焼効果)を上げる骨盤を前傾させた絶対痩せる歩行姿勢とは?


 体幹ウォーキングのやり方 骨盤の前傾を意識した痩せる歩き方
【骨盤を前傾させた歩き方で代謝アップ!ダイエット(脂肪燃焼)効果を更に引き上げよう】

 体幹ウォーキングとは?
読んで字のごとく体幹を意識した歩き方という意味。ダイエット効果の高いウォーキング方法のひとつなのですが、聞きなれない《体幹》というワードから少し難しいイメージをもたれがちで敷居が高くなってしまっているのが残念なところ。
ですが、実際のところダイエット観点での体幹ウォーキングにそこまで深い知識は求められませんし必要もありません。
簡単にまとめると以下2点。
@【正しい姿勢】A【骨盤に対する前傾意識】、この2点だけを覚え習得しておけば十分ですし、当然ダイエット効果もきちんと得ることが出来ます。

前回は上記した@【正しい姿勢】について記述しました。
本記事単体でも役立つ内容を目指し記述しておりますが、強い密接関係にある前回記事からあわせて読んでいただくことで、はじめて完全な形で体幹ウォーキングを身に着けることが出来ます。
特に何らかの不都合や拘りがないのであれば、本記事を読む前、また読後でも構いませんので目を通しておくようにしましょう。

 体幹ウォーキングのやり方
@全身の姿勢を意識した痩せるウォーキングフォーム(こちらから)

では正しい体幹ウォーキング方法、2つ目のポイントA【骨盤に対する前傾意識】について記述していきます。

続きを読む

有酸素運動体幹ウォーキング≠P 正しい歩行姿勢を身に付けダイエット(脂肪燃焼)効果をアップさせよう。


 体幹ウォーキングのやり方 全身の姿勢を意識した痩せるウォーキングフォーム
【正しい姿勢で行うウォーキング運動でダイエット(脂肪燃焼)効果&効率アップ!】

 体重を落とし(脂肪を燃やし)たければ、生活の中にたった10分間の有酸素運動を意識的に取り入れてみよう! 
こちらは前回記事で扱った内容になり、またその中で負担面やお手軽さといった利点から、生活の中に取り入れる運動として私が推奨した体幹を意識したウォーキング。
本記事からはこの【体幹ウォーキング方法】に着目、ダイエット効果を引き上げる歩き方について記述していきます。

 前回記事
1日たった10分間の有酸素運動で確実ダイエット(こちらから飛べます。)

 有酸素運動の定番 ウォーキング運動
縄跳びや水泳、ジョギングなど数多くある有酸素運動ですが、一般的に代表格として紹介される機会も多く、特別な準備も必要としない簡単・お手軽さを利点にもつウォーキングが、有酸素運動の定番として根強い人気と共に定着している傾向にあります。
また、ウォーキングがもつ生活の中に自然と溶け込んでいるという特徴も見逃せないポイント。
家事やお仕事中は勿論、あらゆる日常生活動作で私たちは無意識の中で常にウォーキングを行っていることになります。

上手くいかない.gif

じゃあ常に行ってるのに痩せないのは何故?

こちらの疑問に関しては前回記事で詳しく記述しておりますので、上部にある過去記事から、もしくは(こちら)から記事へ飛び解決していただければと思います。

話を戻しますが、この日常生活に溶け込みすぎているが故に生じてしまうウォーキングの見落としポイント。
それは当たり前のように馴染みすぎ無意識下で歩いてしまっているということ。
勿論何も考えず歩くだけも有酸素運動にはなるのですが、そこにダイエットに適した歩き方の知識をきちんと意識下に加え実践することで飛躍的にダイエット効果を引き上げることが出来ます。
そして、そんな知識と意識を取り入れたウォーキングとして近年注目されているのが体幹ウォーキングと呼ばれるものになります。

困った.gif

体幹ウォーキングとは何?
なんか難しそうな響きだけど・・・。


続きを読む
        オススメダイエット商品(2015.6) 【スキンフェアリー】