買い物から始めるダイエット方法 【鶏肉】 太らないための賢い鶏肉の部位選びと食べ方(鶏皮に要注意)


 買い物から始めるダイエット方法 【鶏肉】
【ダイエットに適した鶏肉の部位選びと食べ方(調理方法)を身につけよう! 】

 鶏肉はダイエットに最適?
肉体改造をテーマに扱う雑誌やテレビなどでアスリートやボディビルダーの方々が口を揃えて言います。
『肉体づくりには鶏肉を食べるのが効果的!』
皆さんの中にも、その手のメディアに興味のある方であれば見聞きした経験があるのではないでしょうか。

 鶏肉の特徴
まず@高タンパクで低脂質、脂肪をつけずに筋肉をつける肉体づくりに適した食材。
そして他の肉種(牛や豚)と比較するとA低カロリーB消化・吸収が良い太り難い食材。
CビタミンB群が豊富で糖質・脂質の代謝を向上させてくれる食材。

これら4つの特徴から分かるように、鶏肉は筋肉と脂肪を緻密に管理した肉体づくりを必要とする競技に身を置くアスリートやビルダーの方は勿論、太らないことをニーズとするダイエットにも非常に効果的、また最適な食材であるといえます。

よし!そうと分かればこれからのお肉選びは鶏肉に特化させよう。
高タンパクで低脂質、カロリーは低くて消化・吸収にも優れてる!
これなら抵抗なく食べられるね♪


頬いい感じ.gif


はい。鶏肉における太らない認識としては決して間違ってはいません。
ですが、だからといって欲するまま好き勝手に食べて良いという訳ではありません。
太らないための【鶏肉の部位選び】【鶏肉の食べ方(調理方法)】
これら2点だけはしっかりと守らなければなりません・・・言い換えると、これら2点だけ守り正しく食べる知識さえ身につけていれば、鶏肉が原因で太ることはまずありませんし、ダイエットに適した体質(筋肉が多く脂肪を燃焼させやすい体質)づくりに一躍買う食材としても有益な効果を期待することが出来ます。
鶏肉の特徴である高タンパク低脂質という性質は筋肉づくりに最適。
筋肉には脂肪を燃焼させる働き(代謝)があるため、適度に筋肉のついた身体は筋肉量の少ない身体よりも太り難く痩せやすい。

illust1443_thumb.gif


 買い物から始めるダイエット方法
【ダイエットは食材を選ぶ買い物の時から始まっている】という観点から太らないための事前対策、買い物時の食材選びに着目。
《お肉や魚介類・野菜・調味料》など、誰もが目にし手にとる身近な食品をターゲットに、栄養バランスを考慮しつつダイエットに適した賢い食材選び方法を皆さんにお伝えしていきます。

今回扱う食材は肉類最後となる鶏肉。
【ダイエット中の賢い鶏肉の部位選び&食べ方(調理方法)】になります。
鶏肉を食べても太らない方法を知識としてしっかりと身につけておきましょう。

お肉.jpg


  ダイエット中の賢い鶏肉の部位選び&食べ方
・低カロリーで太らない鶏肉のヘルシー部位は?
・鶏肉を調理するときは絶対に鶏皮をとること。


スポンサードリンク




 一番ヘルシーな鶏肉の部位はどこ?
鶏肉には大きく分けて胸・手羽・ささ身・モモ、4つの部位があります。
どの部位においても、他の肉類と比較するとヘルシーミートに該当する鶏肉ですが、中でも圧倒的にローカロリーで太らない部位は脂肪分がない赤身の塊である※【ささ身】
ささ身とは手羽の内側、胸肉とモモに挟まれたところにある部位。
脂肪が少ないことを特徴とする、ダイエットにもっとも適した部位になります。

鶏肉の部位.png


各部位ごとの栄養素(カロリー・脂質・タンパク質)比較は以下のようになります。

 ささ身100gあたり
総エネルギー量【45キロカロリー】
脂質0.34g/3.06Kcal
タンパク質9.89g/39.56Kcal

 胸肉(皮なし)100gあたり
総エネルギー量【108キロカロリー】
脂質1.5g/13.5Kcak
タンパク質22.3g/89.2Kcal

 モモ肉(皮なし)100gあたり
総エネルギー量【116キロカロリー】
脂質3.9g/35.1Kcal
タンパク質18.8g/75.2Kcal

 手羽100gあたり
総エネルギー量【211キロカロリー】
脂質14.6g/131.4Kcal
タンパク質17.5g/70Kcal

タンパク質に関しては他の部位に一歩譲りますが、ささ身は太る原因となる脂質量を含む総カロリー値が他の追随を許さぬほど群を抜いて低いことがわかります。
ダイエットを視野に太りたくないのであれば【鶏肉はささ身部位一択】、このチョイスで間違いありませんので覚えておくこと。
ちなみに各部位をダイエットにのみ特化させた順位で簡単に表すと・・・

ささ身胸肉(皮なし)モモ肉(皮なし)手羽
右に表記されている部位ほど太る。

こちらの順位比較もしっかりと頭に入れておくようにしましょう。

illust1447_thumb.gif


 鶏肉を調理するときは絶対に鶏皮をとること
鶏肉は基本的に高タンパクで低脂質・低カロリーといわれていますが、それは鶏皮を取り除いた上での話。
調理の仕方によってパリッと香ばしくなったりジューシーになったりと肉のうま味を引き出す鶏皮、お好きな方も多いでしょうし料理レシピとして重宝されている方も沢山おられるかと思います。
・・・がダイエットにおいてはこの【鶏皮が大問題】
お肉自体はどの部位においても基本ヘルシーミートですが、鶏皮においては肉と一緒くたにせずまったく別物の食材と切り離して捉えておくこと。高カロリーに高脂質【鶏皮は間違いなく太ります】

 胸肉(皮なし)100gあたり
総エネルギー量【108キロカロリー】
脂質1.5g/13.5Kcak
タンパク質22.3g/89.2Kcal

 胸肉(皮あり)100gあたり
総エネルギー量【191キロカロリー】
脂質11.6g/104.4Kcal
タンパク19.5g/78Kcal

 モモ肉(皮なし)100gあたり
総エネルギー量【116キロカロリー】
脂質3.9g/35.1Kcal
タンパク質18.8g/75.2Kcal

 モモ肉(皮あり)100gあたり
総エネルギー量【200キロカロリー】
脂質14g/126Kcal
タンパク質16.2g/64.8Kcal

胸肉・モモ肉における皮の有無比較は以上のようになります。
総エネルギー量(カロリー)は約2倍、勿論この差も無視出来るものではありませんが、特に問題となるのは脂質の量/脂質の占めるカロリー量。
単純に摂取した脂質=脂肪と捉えていただければ、その危険性は数値から十分に伝わったのではないでしょうか。 ちなみに鶏皮だけのデータは以下の通り。

 鶏皮100gあたり
総エネルギー量【497キロカロリー】
脂質48.6g/437.4Kcal
タンパク質9.5g/38Kcal

恐ろしい数値ですね。
【鶏肉を買うとくは皮なしを選ぶこと。】
【もし皮がついていても調理する際には必ず取り除くこと。】

これら2点の調理方法は、頭に入れておくというレベルではなく、ダイエット中に鶏肉を食べるのであれば絶対に守らなければならない基本レベルの約束事といえます。絶対ルールとして肝に銘じておきましょう。

お断り.gif

太りたくなければ鶏皮は避けること!


お肉類は今回で終了。次回からは魚類に着目、【ダイエット中の賢い魚選び】に入っていきます。




「スポンサードリンク」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/433399841

この記事へのトラックバック
        オススメダイエット商品(2015.6) 【スキンフェアリー】