買い物から始めるダイエット方法 【牛肉1】 牛肉のヘルシー部位を《選ぶ意識と食べる習慣》を身につけよう!


 買い物から始めるダイエット方法 【牛肉1】
【牛肉の部位選択を間違えないで!ダイエットに適した《牛肉》買い物テクニックを身につけよう】

 食事(食べ物)によるダイエットは買い物の時から既に始まっている!
食事を意識したダイエットといえば、食べる量を減らし摂取カロリーを抑えたり、また仮に食べ過ぎなどによりカロリー超過した場合は運動を取り入れ消費させたりと、目先にある状況(摂取中〜後)に対して向き合い意識を持ち行動をとる。
いわば後手による対処(ダイエット)になりがちですが、目先に克服しなければならない状況が起こる前(摂取前)に事前意識と行動を取り入れ、先手をとり対処(ダイエット)していくことも大切です。

気付かない内にダイエット=食事中・食後に対処という習慣が身についてしまっていませんか?

極端な物言いですが、負けてからの事後対策ではなく勝つために事前対策をとる・・・
《ダイエットは食材を選ぶ買い物の時から既に始まっている》のです。

買い物1.png


 本記事からスタートとなる【買い物から始めるダイエット方法】
お肉や魚介類・野菜・調味料など、買い物の際に誰もが手にとる身近な食品をターゲットに、栄養バランスを考慮しつつ、ダイエットに適した賢い食材選び方法を順次皆さんにお伝えしていきます。
初回となる今回からまず扱っていく食材は《お肉(牛)》
牛肉、豚肉、鶏肉の順で記事にしていきます。
ダイエットに適したお肉を選ぶ、目利きの効く賢い目を身につけていきましょう。

お肉.jpg


  ダイエット中の賢い牛肉選び 1
・ダイエット中の薄切り牛肉ならどこの部位を選べば良い?
・ダイエット中だけどステーキが食べたい! どこの部位を選べが良い?
・ひき(ミンチ)肉に要注意!


本記事で扱うのは上記3点。
既知内容も多いかと思いますが知識の再確認として、また今後の買い物における意識の変化へと繋げ活用していただければ幸いです。

スポンサードリンク




 お肉はダイエットに欠かせないタンパク源食材
お肉は体の細胞の原料、また筋肉の源となる動物性タンパク質を豊富に含む食材。
特に筋肉は、先入観として男性やアスリートの方に必要な要素といった印象を持たれがちですが、決してそんなことはありません。
筋肉量が増えると体の基礎代謝が上がり脂肪が燃焼しやすく痩せやすい体質になる。逆に減少すると代謝が下がり脂肪が燃焼され難く太りやすい体質になってしまいます。
つまり過度に筋肉をつける必要はありませんが、女性は勿論、ダイエットをスムーズに進行させる上で無視することの出来ない筋肉、その筋肉を作る動物性タンパク質、そのタンパク源として最もメジャーな食材がお肉という流れになります。
タンパク源となる食材は肉類に限ったものではありませんが、筋肉作りには最適といわれています。

それなら筋肉をつけるためにお肉を食べよう!・・・と思うのは早計、お肉には多分な動物性タンパク質と同様、多分に動物性脂肪まで含んでいるのが厄介、決してヘルシーな食材とはいえませんので好き勝手に食べていると間違いなく太ってしまいます。
そこで必要となってくるのが【ダイエットに適した賢いお肉選び】ということになります。
牛肉 部位.png

 薄切り牛肉はどこの部位を選べば良い?
焼き物から煮薫物まで、お肉は様々な料理メニューで大活躍する万能食材、特に使用頻度の高いものといえば薄くスライスされた薄切り牛肉かと思います。
皆さんもご存じの通り、牛は余す箇所がないほどあらゆる部位が食材として使用され、ロース・バラ・ネック・サーロイン・もも・ヒレなど様々な部位がパック分けされ店頭に置かれていますが・・・
そんな数ある部位の中でダイエットに適した部位は【そともも肉】になります。
コンビーフの原料として有名なそともも肉は脂肪分が少なく全部位の中で最もカロリーの低い部位、特に拘りがなく嗜好が許すのであれば、ダイエット中の薄切り牛肉は優先して【そともも肉】を選ぶようにしましょう。

 ステーキが食べたい! どこの部位を選べば良い?
高カロリー料理のひとつとして挙げられることの多いステーキ。
ダイエット中であれば出来ることなら避けたいところですが、好む人の多い定番の人気メニューですし『ダイエット中でもステーキが食べたい!』と思う人も多いはず。
だからといってダイエット中にも関わらず好き勝手に食べていては・・・当然NG、少量であればともかく通常量レベルでステーキを堪能したいのであれば部位選びに意識を持たなくてはなりません。
最もポピュラーで人気のあるサーロインを筆頭にヒレ・ロースなどが並びますが、カロリー・栄養(タンパク質)バランス、また味覚の満足レベルも考慮した上でのダイエット中におけるベストチョイス部位は赤身肉【ヒレ】になります。
分かりやすくサーロインと比較すると、100g当たりサーロインが約360Kcalに対しヒレは約220Kcal、またヒレは赤身肉とあって脂肪分の少ないヘルシーミート脂肪分はサーロインの約半分。
更に加えビタミン類やミネラル・鉄分・カルシウムなど美容や健康をサポートする栄養分はヒレの方が多分に含んでいるという利点まであります。
脂肪分はサーロイン・ロース・バラなどに、ビタミン類・ミネラルなどは赤身の部位や臓器に多く含まれています。
先に記述した全部位の中で最もカロリーの低い(そと)もも肉を使ったももステーキという選択も考えられますが、含まれている栄養面によるメリットや味覚の満足度を考慮するのであれば、カロリーによるメリットを差し引いても【ヒレ】選択がベスト!
ただし、いくらベストチョイスといっても摂取量に限度はあります。あくまで目安ですがステーキは1食150gまでをラインにしておきましょう。

腕組思考3.gif


 ひき(ミンチ)肉に要注意・・・どうして?
お肉をミンチ加工したひき肉。使い勝手の良さからついつい手を伸ばしてしまう食材、冷凍庫には必ず常備保存されている家庭も多いのではないでしょうか。
ですが、使い勝手が良いからといって使用頻度を上げるのは要注意!
ひき肉とは基本的に脂肪分も一緒にミンチ加工するもの。パッと見では分かり難いのですが【脂肪分が多くカロリーも高い状態】になっているということです。
更に柔らかく加工されていることにより咀嚼回数が少なく済み(満腹感を助長し難くなる)、喉通りも良いため【食べ過ぎ(過剰摂取)を招く】危険性も考えられます。これに関しては個人の嗜好によるところもあるのですが、例えば『150gのステーキと同グラムのハンバーグではどちらにボリュームを感じられますか?』といえば何となく感覚的にお分かりいただけるのではないでしょうか?
とにかく使いやすい食べやすいからといって、ダイエット中におけるひき肉の多用は要注意、また買う際には部位も要チェック! 牛や豚の場合は赤身部分、鶏であればささみ部分を意識的に選ぶようにしましょう。

 次回はダイエット中の賢い牛肉選び 2 (次回記事リンク)
・成牛と子牛の違いについて。
・ダイエット中なら〇〇牛の方が良い。
・ダイエット中にオススメな牛肉料理メニュー。





「スポンサードリンク」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
        オススメダイエット商品(2015.6) 【スキンフェアリー】