ダイエットの豆知識 【栄養素】2 三大栄養素をアシストする微量栄養素(五大栄養素)の重要性


 今さら他人には聞けないダイエット豆知識 【栄養素2】
【三大栄養素の働きをアシスト! 微量栄養素(五大栄養素)の役割を知って確実ダイエット】

 今回は前回紹介した三大栄養素の働きを補強・アシストする役割をもつ2種類の微量栄養素に着目、【五大栄養素】にまで視野を広げ紹介していきます。
尚、本記事は三大栄養素《炭水化物(糖質)・脂質・タンパク質》に関する知識は既にお持ちであることを前提に進行していきますので、もしも知識をお持ちでない方、また知識に不安を覚えられる方は前回記事から目を通し、その過程を踏まえた上で本記事を読んでいただけるとよりわかり易く理解を深めていただけるかと思います。

 前回記事
三大栄養素で体の基盤を構築(記事リンク)

まずは本記事で扱う五大栄養素までの一覧表になります。

  三大栄養素
@炭水化物(糖質)
A脂質
Bタンパク質

  五大栄養素
微量栄養素
CビタミンA−Dなど。
Dミネラル

以上、上記した@からDを合わせて【五大栄養素】になります。

illust1327_thumb.gif


 後半では今回の主である2種の微量栄養素を掘り下げ、その役割と重要性について記述していきます。
栄養素に対する知識を所持することは、ダイエット・美容・健康など、あらゆる面を有利に運ぶ大切な要素であることは間違いありません。簡単にでも一読し、理解を深めながら確たる知識として獲得しておきましょう。

スポンサードリンク



 
 体の構成材料となる三大栄養素
エネルギー源となる炭水化物(糖質)・脂質、体細胞の原料であるタンパク質。
体の基盤をつくる上での構成材料となるこれら3つの栄養素がなければ、まずスタートラインに立つことも出来ません。
栄養素すべての根底にある三大栄養素、つまり今後出てくる栄養素はすべてこの上に成り立つものといえます。あらゆる基盤となるもっとも大切な部分であり決して見落としがあってはいけません。
記事冒頭でも記述した通り本記事では詳細に触れませんので、知識に不安のある方は前回記事から目を通しておくようにしましょう。

三大栄養素で体の基盤を構築(記事リンク)

上記した(記事リンク)先は記事冒頭で誘導したものと同じになります。
既読の方、また既に知識を所持されている方はこのまま次の工程へ進んでいきましょう。

illust1321_thumb.gif


 微量栄養素で三大栄養素を補強アシスト!
微量栄養素と呼称されるビタミン類とミネラル(五大栄養素)。
この2つは三大栄養素のように体の構成材料になるものではありませんが、三大栄養素の働きを補強し、スムーズにアシストする役割があります。
緑黄色野菜や果物に多分に含むビタミン類、海藻類などに多分に含まれているミネラル、体の基盤をより盤石なものとするためにも、どちらも積極的な摂取を心掛けたい栄養素になります。

 エネルギー代謝を高めるビタミンとミネラルの力
エネルギー代謝とは、栄養素をエネルギーへと変える働きのこと。
エネルギー源の栄養素となる炭水化物(糖質)や脂質をエネルギーへと変える、そのサイクルをスムーズにするアシスト的な立場で関わってくるのが微量栄養素である※ビタミンとミネラルになります。
中でもビタミンB群はアシスト力、効果が他の微量栄養素よりも強いものになります。

 ビタミンとミネラル不足=エネルギー代謝の悪化
エネルギー代謝が悪くなる、つまり代謝に関わる栄養素が不足してしまうと炭水化物(糖質)や脂質をスムーズにエネルギーに変えることが出来なくなってしまいます。
ダイエット観点で言い換えるのであれば、炭水化物(糖質)や脂質がエネルギーへと変換されず体内に蓄積していってしまう、つまり『太る』という言い方も出来ます。
またダイエット面だけにとどまらず、美容面や健康面においても多大な影響を与える微量栄養素、意識的に摂取することが出来れば、目に見えてその効果を体感していただけることでしょう。

各ビタミン類やミネラルを多く含む食べ物や得られる効果は、以下のリンク先に詳しく記述しておりますので参考資料として役立てていただければ幸いです。
リンク先の記事は【バスト周りに有益な食べ物(栄養素)】にカテゴライズされていますが、本記事のニーズとも合致しており参考にしていただけます。

 ビタミン類(記事リンク)
ビタミンA・B群を多く含む食べ物と効果

ビタミンC群を多く含む食べ物と効果

ビタミンE群を多く含む食べ物と効果

野菜.gif


 ミネラル(記事リンク)
健康面に働きかけるミネラルを多く含む食べ物と効果

ダイエット・美容面に働きかけるミネラルを多く含む食べ物と効果

 五大栄養素までの概要は以上になります。
リンク記事が多くなりましたが、関心を持ち掘り下げて探究していくと、皆さんの確かなダイエット効果へと昇華されることは勿論、美容・健康面など幅広い分野で有効活用していただけるかと思います。
情報量が多くなるため一度にすべてを詰め込む必要はありませんが、少しずつでも読みすすめ【意識的に使える知識】になるようしっかりと身に着けていただければ幸いです。

 最後に質問をひとつ。
第6の栄養素とはいったい何? 皆さんは答えることが出来ますか?

次回は五大栄養素から更に視野を広げ、上記した第6の栄養素(次回記事リンク)の紹介になります。
第6の栄養素はダイエットは勿論、美容や健康面までトータルに働きかけてくれる非常に重要な栄養素です。
このままの流れで次の工程へと進み、知識を深めておくようにしましょう。




「スポンサードリンク」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/430040221

この記事へのトラックバック
        オススメダイエット商品(2015.6) 【スキンフェアリー】