〇〇が低いと基礎代謝が悪くなっちゃいます! 太りやすい体質改善方法 2



 太りやすい(基礎代謝の悪い)体質を改善・基礎代謝の上げ方 2
【基礎代謝が悪い原因のひとつに〇〇の低さが関係しています】

 基礎代謝を上げ太らない体質を作る方法、先立つものとして【基礎代謝についての知識】が前提として必要になります。
知識の有無は体質改善の成否を分かつ大切なポイントにもなってきますので、不安のある方は前回記事を簡単にでも一読した上で併せて本記事を読み進めていきましょう。
既に熟知されている方はこのまま読み進めていただいて問題ありません。

太りやすい体質改善方法 1 基礎代謝とは? 代謝アップにおける筋肉の重要性
ひらめき.jpg

基礎代謝の低い人は〇〇も低い!
この〇〇には何のワードが入ると思いますか?


前回記事の文末で記述していますので、既読されている方はもうお分かりかと思います。
故に質問形式にする必要もないのですが、基礎代謝を扱う上で外せない重要なポイントとなりますので【強く〇〇を印象に残していただくため】あえてこの形式をとり皆さんに投げかけさせてもらいます。

回答・解説は後半に記述になります。
今回も知識の吸収を目的とするものであり実践的な体質改善方法には入りませんが、上記した通り知識の有無は今後取り組むことになる体質改善の成否を分かつ大切なポイントになってきます。
成功に向けての事前準備として簡単にでも一読しておくようにしましょう。

スポンサードリンク




基礎代謝の低い人は体温も低い!

 体温と基礎代謝の密接な関係性
人間は恒温動物であり、どのような環境や気温においても体温を一定に保つ生物です。
恒温動物とは脳が寒いと判断すると、体内に溜めたエネルギーを燃焼させることにより発せられる熱で体温を引き上げ生命維持する動物のことをいいます。
このような体温維持活動で密接した関係性にあるのが基礎代謝になります。
基本としては人間の平均体温を36度とし、これに対し基礎代謝を正常値と判断することになります。
つまり※【基礎代謝が正常=体温36度】が一般的な見解でありプラスマイナスゼロの基準値となることを先ずは覚えておくようにしましょう。
脂肪の燃焼温度も考慮した数値になります。

うわっ、私の体温35度なんだけど・・・ヤバイのかな?
焦る表情.jpg

 体温低下=基礎代謝の悪化=痩せにくい体質
上記した通り平熱36度でプラスマイナスゼロになる体温と基礎代謝の関係性。
では仮に体温が1度下がるとどうなってしまうのか?
これをカロリー・脂肪/1日、体重/1ヶ月で換算すると・・・
《消費カロリーにして約150Kcal/1日、脂肪にして約20グラム/1日》消費量が落ち《体重においては0.6〜0.8Kg/1ヶ月》太ってしまう計算になります。
具体的な数値まで覚えていただく必要はありませんが【体温が下がればエネルギー&脂肪燃焼がされ難く痩せにくい体質になる】くらいに覚えておきましょう。
余談になりますが、体温が低いことでトラブルとなるのはダイエット面だけではありません。
内臓機能が弱くなったり肌の新陳代謝(再生機能)が悪くなったりと、健康面や美容面においても悪影響を及ぼすことになります。美・健を保つ上での体温の重要性、きちんとした意識を持つようにしておきましょう。

私の平熱は36度以上を常にキープ! これなら安心♪
笑顔表情2.jpg

 平熱が36度を超えていても油断禁物
平熱が36度以上をキープしている方であっても油断は出来ません。
周囲の気温の低下によっては冷気を体内に溜めこみやすい、いわゆる冷え性体質の方。
夏であればエアコンの効いた部屋にいるとすぐに体温が下がってしまう冷房症の方などは、平均体温とは別の体質要素として体温トラブルを招く恐れがあります。
一般的には体温の低い方に多くみられる体質ですが、中には普段の平均体温は安定していても周囲の温度の変化によっては身体が敏感に反応し体温の乱調を引き起こす方もいます。
ご自身の平均体温に加え、持っている体質にも注意深く意識・確認しておくようにしましょう。

どうすれば体温を上げられる?
疑問表情1.jpg

前回記事から合わせて出てきた3つのワード《基礎代謝》《筋肉》《体温》の総括。
【発熱作用のある筋肉に刺激を与え基礎代謝を上げることで体温を上昇させることが出来ます。】
つまり、これら3つのワードはすべてイコール(相互作用)の関係にあり、どれかを改善させることが出来れば、同時にすべてを改善させられるということを意味しています。
この三つ巴の関係性をこれまでの総括としてしっかりと頭に叩き込んでおきましょう。

以上が基礎代謝と密接関係にある【体温】についての全概要になります。
今後扱うことになる基礎代謝を上げる実践的な方法においては、主に《基礎代謝》《筋肉》を2つのワードを多用することになり文面に登場する機会は少なくなりますが、それらの裏側には必ず3つ目のワード《体温》も深く関係していることを覚えておきましょう。
これだ!.jpg

次回からはいよいよ基礎代謝を上げ太りやすい体質を改善させる実践方法に入っていきます。
筋肉を鍛えるのではなく刺激を与えることを目的とするため、どれも敷居が低く誰もが簡単に取り組める内容になっています。
是非このままの流れで実践へと移し、燃焼系の痩せやすい体質を手に入れる参考としていただければ幸いです。

最後に、次回記事の予告を兼ねてクイズをひとつ・・・
実は身体のある部分〇〇を伸ばしただけで基礎代謝が1.5から2倍にアップします。
〇〇に入る身体のパーツはいったいどの部位?





「スポンサードリンク」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
        オススメダイエット商品(2015.6) 【スキンフェアリー】