基礎代謝とは? 代謝アップの鍵を握るのは筋肉! 太りやすい体質改善方法 1



 太りやすい(基礎代謝の悪い)体質を改善・基礎代謝の上げ方 1
【体質改善前の事前準備! 基礎代謝についての知識を身に着けておこう】

・少ししか食べていない、摂取カロリーを超過している訳でもないのにすぐに太ってしまう。
・有酸素運動を頑張っているのに全然痩せない(脂肪が落ちない)。
・加齢とともに身に付きやすい体質になっちゃった。・・・おまけに痩せにくい体質まで同時併発。
・体脂肪率がヤバイ、増える一方で体は蓄積された脂肪でプニプニ状態。

あくまで一例になりますが、このような体質に悩みを抱え『太りやすい・痩せにくい体質の作り方・手に入れ方』を模索しニーズに感じられている方も多いのではないでしょうか。
溜息表情2.jpg

 太らない・痩せやすい体質=基礎代謝が高い人
食べても食べても太らない体質で羨ましい。
何歳になっても昔から変わらない体型を維持出来ていて羨ましいなど・・・
ダイエットを志す者なら誰もが芽生えたことのある感情、様々な理由が考えられ100%とまで言い切れるものではありませんが、そのような感情を投げかけられる大半の方がもつ特徴のひとつであり、大きく割合を占める要因として《基礎代謝が高い》ことが挙げられます。
安易な結論になりますが、【太らない・痩せやすい体質=基礎代謝の高い人】という認識で問題ありません。

 基礎代謝を上げて太らない体質を作る!
食べる量や摂取する栄養素をコントールしているから太らない、頑張って有酸素運動をしているから痩せている・体型を維持出来ている。勿論素晴らしいことですし否定する訳ではありませんが、これらはあくまで努力による結果であり太らない体質という訳ではありません。
極端な話、食べても太らない・すぐに痩せられる・意識せずとも体型に変化なしなど、つまり特別に何か運動を取り入れたり生活を見直す努力を一切しなくても太らない身体、これが本当の意味での太らない体質といえます。

そんな理想体質、どうやったら作れるの?

もうお分かりかと思いますが【基礎代謝の高い身体へと体質改善】することで、太りにくく痩せやすい理想体質を手に入れることが出来ます。

初回である本記事では《基礎代謝について》の基礎知識を記述していきます。
具体的な体質改善方法には入りませんが、今後に備えての土台となるポイントを多分に含む内容になりますので、体質改善に向けての事前準備として簡単にでも一読しておきましょう。

スポンサードリンク




 基礎代謝とは?
身体を一切動かしていないときでも、あなたの体内では生命維持するためにありとあらゆる器官、生命の根本である心臓は勿論、呼吸する度に肺が動き、消化・吸収を行うために胃や腸が動き続けているなど、休むことなく体内では生命維持活動を続けています。
また体温を一定値以上保つために身体は常時発熱しておかなければなならないので、その状態を維持する上で血流が止まることも一瞬たりともありません。
このような、何か特別な活動は取り入れずとも最低限の生命維持活動として使用されるエネルギー消費のことを《基礎代謝》といいます。

 加齢とともに基礎代謝は低下する!
基礎代謝は、男性・女性といった性差に関わらず18歳頃にピークを迎えます。
その後はじわじわと低下の傾向を辿り、特に35歳頃からは更に経過を早め基礎代謝低下はどんどん進行していってしまいます。
文頭で記述した悩みのひとつ、加齢とともに身に付きやすい体質&痩せにくい体質になったという原因には、主にこの基礎代謝の低下が起因しているといえます。

不可抗力の加齢・・・諦めるしかないの?
困った表情.jpg

残念ながら基礎代謝の低下を止めることは出来ません。ですが経過を緩和させることは可能です。
食べ物や定期的な運動を意図的に取り入れ基礎代謝の向上を促す、もしくは低下の進行を遅らせるといった努力が必要になりますが決して難しいことではありません。
たとえ年齢が上がっても短期間、かつ簡単に基礎代謝をアップさせることは十分可能です。

 どうやって基礎代謝を上げる?
基礎代謝に使用される全エネルギーの4〜5割を消費しているのが【筋肉】になります。
つまりこの筋肉への働きかけこそが代謝アップの鍵を握る重要ポイントになってきます。
筋肉といえば筋力トレーニング、ハードな予感・・・と思い描いた方もおられるかと思いますが、そのような心配を危惧する必要はありません。
勿論、筋肉量を増やして代謝をアップさせることも有効な手段のひとつではありますが、基礎代謝を上げることのみを目的とするのであれば《筋肉を増やすのではなく、筋肉に刺激を与える》レベルでも十分な効果を期待出来ますし、敷居もグッと引き下げて誰もが簡単に実践することが可能です。
これだ!.jpg

 基礎代謝は遺伝説or環境説?
余談になりますが、最近あるダイエット雑誌で見かけたので簡単に触れておきます。
まず先天的な遺伝説という見解は上記した【筋肉】が起因しています。生まれついての筋肉の質には個人差があるので、当然筋肉の質に恵まれて出生された方は基礎代謝の面でも有利になってきます。
ただし、あくまで生まれた時点では有利というレベルの話であり、加齢とともに身体を構築していく上で強く影響するのは後天的な環境になります。
どちらが正しいという訳ではありませんが、遺伝だからと片付けてしまっては元も子もありません。
少なくとも『基礎代謝を上げたい・体質を改善したい!』と自覚しニーズを感じられる年齢の方にとって大切になってくるのは間違いなく後天的環境説といえるでしょう。

次回は太りやすい体質、つまり基礎代謝が悪い体質を招く要因となる【体温】についての記述になります。
本記事内で扱った《筋肉》と強く密接関係にある内容となっておりますので、併せて読みすすめていきましょう。




「スポンサードリンク」
この記事へのコメント
こんにちは。

基礎代謝がダイエットの肝になるんですね。
確かに自分の親も段々と太っていった気がします。
自分がそうならないように気を付けないと。

応援していきます。
Posted by ケル at 2015年08月07日 20:25
 ケルさん、こんにちは。
コメント&応援有難うございます。

基礎代謝を上げることは、そのまま太らない体質作りと
同意になるので、ダイエットにおいては切っても切り
離せないポイントになります。
本記事で扱った情報が、ケルさんにとって役立ち昇華
される内容であれば幸いです。

ケルさんの運営されるサイトも拝見させていただきました。
役立つ情報満載!これからもサイト共々長くお付き合い
させていただければ嬉しく思います。
宜しくお願い致します。
Posted by ブログ主 at 2015年08月09日 12:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/423355211

この記事へのトラックバック
        オススメダイエット商品(2015.6) 【スキンフェアリー】