実践前に必読!断食により得られる有益効果とリスク&断食適正診断 断食ダイエット方法 3



 断食ダイエット方法 3
【実践前の下準備!断食により得られる効果とリスク(回避方法)を理解しておこう】

今回から2回に分けての連投記事となる断食ダイエット方法は、断食においてもっともベーシックとなる4種の方法。
《初心者向け》半断食ダイエット・半日断食ダイエット
《中級者向け》一日断食ダイエット
《上級者向け》本断食ダイエット
についての記述になり、今回は断食ダイエットによって得られる効果とリスクに触れた上でリスクを回避しダイエットを成功へと導く方法、また断食を取り組む前の最終確認として断食適正診断までフォロー、主に実践前の準備として必要な知識をまとめており、具体的な実践方法は次回記事で扱っていきます。

尚、本記事は過去に扱った記事のフルリメイク記事になります。
スマホ向けの最適化に加え、大幅に加筆・修正は加えていますが内容は過去記事と同一のものになります。
既読されている方は改めて読んでいただく必要はありませんが、知識や方法の再確認として、またこれから断食ダイエットのチャレンジを考えられている方は参考資料として各々のニーズに合わせ有効活用していただければ幸いです。

 リメイク前の記事
断食ダイエット方法は効果的? 正しいやり方と得られる有益効果

こちらをどうぞ.gif


 断食ダイエットで得られる様々な効果
断食ダイエットによって得られる効果は非常に多岐にわたります。
食事制限により短期間で得られるダイエット効果は勿論、体内浄化作用による美容・アンチエイジング効果、生活習慣病・脳疾患・心疾患の予防といった健康効果など幅広い分野での有益効果が期待出来ます。
決して敷居が低いとはいえない断食ダイエットが、長年に渡って廃れることなくダイエット業界に根強く存続しているのには、これらの得られる効果が多くのダイエッターを触発する魅力となり支柱となっていることはいうまでもありません。

 断食すると様々な効果が得られる理由
食事制限する(食べ物を摂取しない)ことにより、消化器官である腸が本来の働きである消化・吸収作用を行わずに済み、何もすることがなくなった腸は体内浄化作用(腸の内側についた宿便をとるデトックス効果)へと働きを変え活躍してくれるようになります。この体内浄化作用により体重を落とすダイエット効果だけに止まらず、美肌効果や若返りアンチエイジング効果、さらに健康面にまで働きかけることが出来るようになります。

このように敷居が高く敬遠しがちな断食という手段ですが、その分得られる効果も幅広く高く非常に魅力的にうつる断食ダイエットですが・・・
痩せたい、綺麗になりたい、健康になりたいと気持ちをはやらせ『さっそく断食にチャレンジしてみよう!』と思い立った方は気早な気持ちを少し落ち着かせましょう。
断食ダイエットはハイリスクハイリターンなダイエット方法であり、数多くのメリットとなる有益効果と同時に多大なデメリットも表裏一体で混在しており、リスクを回避しきちんとした結果を得るためには必ず厳守しなければならないルールが存在しています。そしてこのルールを乗り越えれれるか否か、守れるか否かが断食ダイエットの成否を分かつ重要なポイントといえます。

後半では、前文で既に軽く触れた内容になりますが《断食ダイエットにより得られる有益効果のまとめ》、上記した通り有益効果と同時に混在する《断食により引き起こされるデメリット(リスク)》、そして《リスクを回避するための厳守ルール》を踏まえた上で《断食適性者・不適性者診断》まで記述していきます。
本格的な断食ダイエットを実践する前の下準備として、しっかりと正しい知識を吸収しておきましょう。


スポンサードリンク




  断食ダイエットにより得られる有益効果
・短期間での体重減量、即効性ダイエット効果。
・食欲コントロール、カロリー調整機能の強化効果。
・体内浄化作用、腸の内側に蓄積する宿便を除去するデトックス効果により得られる美肌効果。
・同上、デトックス効果による若返り・アンチエイジング効果。
・傷ついたを遺伝子を修復する体内修復作用による若返りアンチエイジング効果。
個人差は勿論、断食方法や実施期間などにもよりますが、一般には−5から−10歳肌を構築するといわれています。

お願い.gif


  断食ダイエットのデメリット(リスク)
まず食事制限が求められる断食ダイエットですから当然といえば当然なのですが、実践することにより体重は間違いなく落ちます。
ただし間違った方法で取り組んでしまうとすべてが台無し、ダイエットの天敵ともいえるリバウンドを引き起こしせっかく落とした体重が元通りを超過して増量。若くて綺麗な自分を手に入れようと意気込み取り組んだはずが気付けば只々やつれて老け顔に。おまけに健康になるはずが心身ともにくたびれて不調を訴えるなんてことまであります。
少し誇張を含むかなり極端な悪例ですが、そのような事態が起こりうる可能性があることは確かです。モチベーションを下げる内容になりますが、実践前に所持すべき最低限のリスク管理として頭に入れておくようにしましょう。

  断食ダイエットのリスクを回避するためのルールとは?
断食ダイエットによるリスクを回避し成功させるために求められるルール。
非常にシンプルなことですがとにもかくにも【継続】することです。
そもそも断食ダイエットは食事制限により総摂取カロリーを抑えての減量という先入観イメージを持たれがちですが、これはあくまで手段でしかなく、本懐は食生活の改善、つまり食事を摂らないという習慣を体に覚えさせ身に着けること、食事制限を日常のライフスタイルとして定着させることが最終到達点になります。
勿論永久的に取り組まなければならないという訳ではありませんが、断食中のライフスタイルを体に馴染ませ、効果を最大限に得るためには段階的(徐々に摂取量を減らしていく)にでも最低2〜3ヶ月は継続させるくらいの覚悟は持っておくようにしましょう。
逆に断食生活から通常の食生活に戻す際も1〜3ヶ月かけ段階的(徐々に摂取量を増やしていく)に体に馴染ませていくことが求められ、これがダイエット後に誰もが恐れるリバウンドを回避する方法にもなりますので、事後知識としてしっかりと頭に入れておきましょう。

illust1447_thumb.gif


  断食適性者・断食不適性者?
ここまでは取り組む上での心構えや覚悟を試す内容を記述してきましたが、仕上げにあなたが断食適性者であるか否か、現状心身共に断食ダイエットを実践出来る状態にあるか否かを診断していきましょう。
適性資格は至ってシンプル、現在心身共に健康で安定した状態にあるか否かが診断基準になります。
ここまで記事を読んでいただけた方は既にお分かりかと思いますが、断食は心身共に負担が伴い強いストレスを引き起こす要因となります。
現在何らかの原因により心身が不安定な状態にあるのであれば、断食により更に悪化を招く危険性が考えられますので思い当たる方は断食不適正者として断食は控えるようにしましょう。
また、その他の不適正者としては胎児への悪影響を及ぼす可能性が考えられる妊婦の方、成長期(二十歳未満)にある方も該当します。特に成長期での断食は発達障がい(骨が脆くなる・身長が伸びない・女性であればバストの成長を阻害するなど)の要因ともなるので注意が必要です。

お断り.gif


断食ダイエットに取り組む前の知識・準備は以上になります。
方法自体は簡単なものになりますが、上でも記述した通り継続が求められる断食ダイエットは体が順応するまでにかかる心身の負担が非常に大きく、これが乗り越えられない壁となり途中脱落する方が非常に多く見られるのも事実です。
この実践前段階でモチベーションが下がり失敗イメージしか思い描けなかった方は無理に取り組む必要はありません。逆にポジティブな成功イメージを思い描けた方はこのまま次の記事を読み進めていきましょう。
次回は本記事で記述した実践前の知識を踏まえた上で、初心者・中級者・上級者向けと各ニーズに合わせた【4種の断食ダイエットの実践方法】を紹介していきます。




「スポンサードリンク」
この記事へのコメント
こんにちは。
最近体重が増えてきまして、手っ取り早い手段として断食ダイエットを
やってみようかと思っています。
診断させていただいたところ問題もないようですし。

凄く参考になりました。
これからもよろしくです、応援ぽち。
Posted by 綺麗になりたい女 at 2016年03月09日 17:44
 綺麗になりたい女さん、こんばんは。
返事が遅くなり申し訳ありません。

減量の選択肢として選ばれた断食ダイエット。
確かにすぐに体重を落とすことが可能ですし、
診断結果にも問題ないとのことですが・・・
文中でも記述している通り、心身に掛かる負担を
覚悟の上で臨んでいただければなりません。

断食ダイエットはハイリスクハイリターンな方法です。
勿論ご相談していただければ目標達成へと繋がるよう
フォローにはまわらせていただきますが、ダイエット中に
なにか心身トラブルが生じた際はすぐに中止すること!
引き際の覚悟も所持し実践へと移すようにしましょう。

コメントに応援まで、有難うございます。
今後もブログ共々宜しくお願い致します。
Posted by ブログ主 at 2016年03月15日 03:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
        オススメダイエット商品(2015.6) 【スキンフェアリー】