食べ過ぎ飲み過ぎた後の胃腸健やか対策 就寝前のヨーグルト摂取 年末年始を太らないで乗り切る方法 5



 年末年始を太らないで乗り切る方法 5
【食べ過ぎ飲み過ぎた後に行う胃腸もたれ対策 寝る前までにヨーグルトを摂取】

お酒にバラエティに富んだ高カロリーな料理。
普段と比較すると明らかにカロリーの過剰摂取となる飲んで食べての食事の席を終えた後、もしくは翌日、皆さんならどのような気持ちを抱き、またどのような状態になっていることが多いですか?

・食べ過ぎた!太る!しばらくは食事量を減らすようにしよう。
・胃腸がもたれて食欲不振、少し胃腸を休めるために食事を抜いちゃおう。


勿論他にも理由は考えられますが、大きく分けるのであれば、食べ過ぎによるカロリーの過剰摂取をその後の食事量を減らすことでバランスをとろうとする《太ることへの焦りからくる食事制限》、もしくは暴飲暴食により胃腸がもたれ食欲がでない《体調面からくる食事制限》、これら2つのどちらかに分類されるケースが多いのではないでしょうか。
いずれにしても【食事制限】に繋がるのですが、このような場合において《食事量を減らす=痩せる》と安易な方程式に当てはめて考えるのは危険な発想。ダイエットの観点から捉えると間違いなく失敗行為といえます。

なんのこっちゃ.gif


 食事制限はダイエットにおける御法度行為
『過剰摂取した後は食べる量を減らす。』一見正しい方法のように捉えられがちですが、暴飲暴食の後でも食事制限などはせず通常の食生活を心がけること、もしくは出来るだけ早く通常の食生活に戻すこと。これはダイエットにおいては必ず守らなければならないルールといえます。
食事制限により栄養素が不足してしまうと脳が危険信号を送り、その後通常の食事メニューに戻した際の吸収量が飛躍的に増えてしまいます。これが意味することは負のスパイラル《リバウンド》
永遠に食事制限をするのであれば回避は可能ですが、それは現実的とはいえませんし、あまりにもリスクが高すぎます。

食べ過ぎた後こそ意識的に通常通りの食生活を!

少し違和感を感じるようなルールですが、瞬間的に変動する体重など目先の事態に焦らず、ダイエット成功という目的を長期視野で捉えたルールとして絶対に守るようにしましょう。

illust1327_thumb.gif


食事制限によるダイエットの落とし穴についてはこれでご理解いただけたかと思いますが、ここで問題が浮上してきます。
文頭で記述した食事制限を行う原因となる2つの項目。1つは太りたくないというメンタル部分での問題になるので、意図的に食生活のリズムを取り戻すことが可能なのですが、2つ目の体調によるもの、胃腸のもたれに関しては不可抗力での食事制限を強いられる状態といえます。

今回はこちらの胃腸のもたれに着目、食事内容を通しその復調方法について記述していきます。
食べ過ぎた後の胃腸の働きを正常に戻し健やかな状態での食生活に少しでも早く戻すことは、ダイエットにおいては非常に大切なポイントといえます。
年末年始など食生活に乱れが生じやすい時期での活用は勿論、普段からお酒の席など私生活で胃腸に負担をかける機会の多い方や胃腸が弱く異常をきたしやすい方なども参考にし役立てていただければ幸いです。

スポンサードリンク




 胃腸のもたれ=太りやすい体質
胃腸が乱れた状態になると、先に記述したリバウンドを引き起こす食事制限に繋がることに加え、もうひとつダイエットにおける重大なトラブルを招くことになります。

体内で行われる消化・吸収の働きが不規則になりきちんと機能してくれない。

これに関しては単純に太りやすい体質になっていると捉えていただいて構いません。
たとえ少量の栄養摂取であっても消化・吸収が上手く機能しなければ体内にどんどん蓄積されてしまう、つまり本来は糖質や脂質などダイエットの天敵となる栄養素は体内でできる限り代謝・分解させていかなければならないのですが、消化・吸収機能の乱れにより栄養を体内に残してしまう、言い換えるのであればダイレクトに栄養が身についてしまう=太りやすい状態ということになります。

上手くいかない.gif


今日は脂っこい料理を食べ過ぎた。
たくさんお酒を飲み過ぎた。


と思いながらも気分良く家に帰ってきたあなた。
一日の疲労と満腹感に身を任せこのまま眠ってしまいたいところですが・・・

 寝る前までに腸内環境を整えよう
食べ過ぎ飲み過ぎた後は急に与えられた刺激により胃腸は乱れた状態にあり、このまま眠ってしまうと翌朝に酷い胃腸もたれを引き起こしてしまう可能性が高くなります。
その対策として摂取しておきたい食べ物が発酵食品、特にオススメは【ヨーグルト】
ヨーグルトには胃腸の疲れを癒すだけでなく悪玉菌の繁殖を防止する効果まであります。

ヨーグルト.png


 差が出るひと工夫ポイント
そのままプレーン状態でのヨーグルトを摂取するだけでも十分な効果が期待出来ますが、更にひと工夫もうけ抗酸化作用のあるブルーベリーなどのフルーツやジャムをトッピングすることが差の出るポイント。アルコール分解、また胃腸の乱れ(酸化)からくる肌荒れやむくみ対策になります。


当日に行う胃腸もたれ対策はひとまずこれで完了ですが、これはまだ土台作りのようなもの。
翌朝目覚めてからの朝食以降の食事メニューで整胃腸の仕上げに入っていきます。
次回は胃腸のもたれ対策仕上げとなる朝食メニューの紹介、またその後の食生活についてダイエット面は勿論、美容面や健康面もフォローし記述していきます。
続記事となりますので、本記事と併せ読みすすめていきましょう。

 次回記事
食べ過ぎ飲み過ぎた翌日の胃腸もたれ&むくみ対策 不足した栄養素を補うお食事メニュー




「スポンサードリンク」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/411541950

この記事へのトラックバック
        オススメダイエット商品(2015.6) 【スキンフェアリー】