アルコール代謝を意識! お酒を飲んでも太らない方法 年末年始を太らないで乗り切る方法 3



 年末年始を太らないで乗り切る方法 3
【飲んでも太らないお酒チョイス&飲酒サイクルを身に付けよう】

忘年会や新年会など宴会(お酒)の席でのダイエット対策。
あなた自身が【少しの知識と意識を持って宴会に臨むこと】により、アルコール類や脂っこい料理など高カロリーメニューが並ぶ宴会を太らないで乗り切ることが可能になります。
《太らないポイント》は以下の3点。

  宴会の席を太らないで乗り切るポイント
@夜の宴会に備えて昼食時にひと工夫(事前対策で体質コントロール)。
Aアルコールの選択に意識をもつこと(アルコール代謝に対する知識)。
B食べる順番に工夫を設けること(代謝アップ、消化・吸収=血糖値に対する知識)。


これだ!2.gif


前回は上記@《事前対策として行う体質コントロール》について記述しました。
本記事と関連深いことは勿論、より実践的な宴会中の食事方法に進む前の必須対策として、是非ともおさえておいていただきたい重要なテクニックになります。
未読の方は本記事と併せ簡単にでも一読しておきましょう。

宴会に備えて事前対策 即興で太りにくい体質を作りあげよう!

宴会に備えての事前対策(太らない体質作り)を終えて入店。
風習としていつの間にか定着している決まりごと、まずは各々の手にお酒が渡り幹事や上司の方などの音頭の締めに合わせた『乾杯』を済ませた後に宴が開宴されます。

乾杯.png


今回は《宴会を太らないで乗り切るポイント》の2つ目。
Aアルコールの選択に意識をもつこと(アルコール代謝に対する知識)に着目、そのテクニックを皆さんに伝えていきたいと思います。

尚本記事で扱う内容は、作成した時期の関係で【忘年会や新年会(宴会)】というワードを多用しておりますが、年を通して実施されるあらゆるお酒の席で役立つテクニックになります。
今回はお酒に特化させた内容になりますので、お酒を飲まれる機会の多い方などは特に注目し役立てていただければ幸いです。

スポンサードリンク




 お酒を飲んでも太らない方法!
断酒するという訳でなないのでダイエット効果とまでは流石にいきませんが、ダイエットに適したお酒をきちんと選び、また同時にダイエットに適した飲み方を正しく行うことにより、飲酒量に制限などは設けずとも《飲んでも太ることなく》乗り切ることが出来ます。

 意識するポイント
・アルコールはダイエットの天敵!
【アルコールが持つ性質と太る原因との因果関係】を理解しておくこと。

・吸収と消化のバランスを崩すアルコールに要注意。
アルコール代謝に意識を持ち【正しいアルコールチョイス】を心がけること。

illust1327_thumb.gif


 アルコールのカロリー表記は落とし穴!
表記されているカロリー数値。
お酒内での比較であれば、例えば『ビールはカロリーが高い』などといった差異は生じますが、基本的にアルコール類はそれほど高いエネルギーを持つ飲み物ではありません。これは習慣的にお酒を飲まれている方であればお分かりいただけるのではないでしょうか。
ですが上でも記述した通り【アルコールのカロリー表記は危険な落とし穴】太る原因はエネルギー量云々ではなくアルコールが所持する性質にあるのです。

 アルコールは太る体質を構築させるダイエットの天敵!
アルコールは代謝が悪く、たとえ少量であったとしても体内にたまり易いという性質があります。
さらに体内にたまったアルコールは他の栄養素の吸収を阻害し《吸収と消化バランスを崩壊させ代謝の悪化》を引き起こしてしまいます。つまりこれは太りやすい体質を構築させてしまうことを意味しており【ダイエットにおいては天敵】となってしまうのです。

お酒はビタミンCを豊富に含んだものを優先的にチョイス!

レモンチューハイ.jpg


 アルコール代謝を促す栄養素【ビタミンC】
お酒による太る体質構築を回避するには、とにかく食前や食間など数回に渡って摂取することになるお酒を体内にため込まないよう《アルコール代謝を促す》ことがポイント。
ここで活躍する栄養素が【ビタミンC】、アルコール代謝を促す力を持っています。

 宴会では太らないためのアルコールチョイス!
レモンやグレープフルーツなどをベースとする柑橘フルーツ系統のお酒をチョイスするようにしましょう。
柑橘系統といえば基本的にはチューハイやカクテルなどのイメージに偏りがちですが、近年ではビールとレモン炭酸を混ぜ合わせたパナシェをはじめ、日本酒をベースとした柑橘系カクテルなど、各々がもつお酒の嗜好に合わせた複合レシピがお店のメニューを賑わせています。
勿論それらのメニューはアルコール代謝を目的とするものではなく、どちらかといえば味覚に訴えたニーズのものがほとんどかと思われますが、ダイエットを目的とされる方は【太らないための柑橘類】という新たなニーズを加え意識的にチョイスされてみてはいかがでしょうか。

柑橘系のお酒ばっかりじゃ飽きてくるんだけど・・・

困った.gif


はい。当然お酒には各々の好みがありますから、柑橘類一辺倒では苦痛を覚えてしまう方もおられるかと思いますし、なによりせっかくの楽しい席でストレスをためるようなことになっては元も子もありません。
ですが、だからといって好き勝手に飲酒していては太る事態を回避することは出来ません。
なにかを得るためにはなにかを犠牲にしなくてはならないということです。

それでも美味しくお酒を飲みたい・・・けど太りたくない!

上でも記述しましたが、なにかを得るにはなにかを犠牲にしなくてはならない。
ですが、なにもお酒だけを犠牲にすることはありません。
・美味しくお酒を飲みたい。
・太りたくない。
2つのニーズをお持ちなのであれば、その両方の意見を取り入れ【交互飲み】を取り入れてみましょう。
好きなお酒⇒柑橘類のお酒⇒好きなお酒⇒・・・のサイクルでの飲酒を行い、独自のアルコール代謝リズムを構築させるということです。
ただし、アルコール代謝に弊害を及ぼすため❌絶対に二度続けて好きなお酒を飲むことがあってはいけません。
太りたくないのであればこれだけは必ず守るようにしましょう。
どうしても好きなお酒を飲みたいというニーズをお持ちの方に向けての方法になります。
もし苦痛でないのであれば、柑橘類にかたよったチョイスをするに越したことはありません。


以上がお酒に対するダイエット対策になります。
お酒で喉もあったまったところで、いよいよ次は並べられた高カロリーな料理にお箸を伸ばしていきます。
次回は宴会を太らないで乗り切るポイントの最後の項目。
食べる順番に工夫を設けること(代謝アップ、消化・吸収=血糖値に対する知識)に着目した内容になります。
本記事からの流れで併せて参考にしてみましょう。




「スポンサードリンク」
この記事へのコメント
2度続けて同じお酒はNG
はじめて知りました!
内容も細かくまとめれていてすごいです( ´ ▽ ` )ノ
今後もご参考にさせていただきます( ´ ▽ ` )ノ
Posted by happydiet at 2014年12月28日 14:20
 happydietさん。
明けましておめでとうございます♪

本年もブログ共々宜しくお願い致します。
Posted by ブログ主 at 2015年01月01日 22:51
お酒はどうしてもやめられないので、勉強になります。
いい記事ですね。

食べて飲んでダイエット、頑張ります。
Posted by トッシー at 2015年01月08日 22:31
 返信が遅くなり申し訳ありません。
トッシーさん、明けましておめでとうございます。

ライフスタイルの中に溶け込んだ嗜好品をやめる
ことは容易ではありませんよね^^;
是非本記事で飲んでも太らない方法を身に付け、
お酒の席で活用していただければ幸いです。

本年も宜しくお願い致します。
Posted by ブログ主 at 2015年01月22日 22:22
連投すみません、こちらにも失礼します。

これはノンベエの自分にとって凄く有難いテクニック情報
わかりやすいし魅力的な内容ですね

これからもお世話になるのでよろしくお願いします

Posted by みっちー at 2015年09月25日 16:40
 みっちーさん、こちらにもコメント
有難うございます。

嗜好品というのは生活の一部に始まり、気付けば
自分の一部となり・・・なかなか止められないもの。
でも大丈夫、本記事で記載したテクニックをきちんと
守り取り入れることが出来れば、嗜好品の楽しみを
奪われることなく、太ることも回避出来ます。
是非活用して下さいね。

今後も宜しくお願い致します。
Posted by ブログ主 at 2015年09月30日 01:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/411324432

この記事へのトラックバック
        オススメダイエット商品(2015.6) 【スキンフェアリー】