宴会に備えて事前対策 即興で太りにくい体質を作りあげよう! 年末年始を太らないで乗り切る方法 2



 年末年始を太らないで乗り切る方法 2
【昼食時にひと工夫、即興対策で太りにくい体質を構築させてから宴会に臨もう】

  忘年会や新年会
アルコールに加え栄養バランスのかたよった高カロリーな料理。
『何も考えず存分に飲み食いしよう!』
せっかく設けられた宴会の場なのですから、そのような割り切った考えを持ち楽しく宴会に臨むのも結構かと思いますが、間違いなく太ります。だからといって自分本位で飲み食いを避けると、場をしらけさせ周囲の空気を壊してしまうことも考えられます。

宴会をしらけさせたくない!でも太りたくもない!!

上手くいかない.gif


今回からは上記のニーズに着目、太らないで忘年会や新年会といった宴会の席を乗り切る方法を紹介していきます。
あなた自身が【少しの知識と意識を持って宴会に臨むこと】により、空気を壊さず楽しい雰囲気のまま、そして太ることなく乗り切ることが可能になります。
前回記事の復習になりますが《太らないポイント》は以下の3点。

  忘年会や新年会(宴会)を太らないで乗り切るポイント
・夜の宴会に備えて昼食時にひと工夫(事前対策で体質コントロール)。
・アルコールの選択に意識をもつこと(アルコール代謝に対する知識)。
・食べる順番に工夫を設けること(代謝アップ、血糖値、消化・吸収に対する知識)。


本記事ではまずは上記3点の中の1点《宴会に備えての事前対策》についてになります。
宴会を太らず乗り切るための基礎となる重要なファクターなので、しっかりと理解を深めここで得た知識と意識を上手に取り入れ活用していただければ幸いです。

尚本記事で扱う内容は、作成した時期(12/22/2014)を考慮し【忘年会や新年会】というワードを多用しておりますが、忘年会や新年会は勿論、年を通して実施されるあらゆる宴会(お酒の席)でも役立つテクニックになります。

スポンサードリンク




 宴会に備えて昼食時にひと工夫
夜の宴会ばかりに意識をとられていてはいけません。ダイエット(太らない)勝負は既に昼食時から始まっているのです。
宴会前の体質コントロール。晩に大量摂取する可能性のあるアルコールや脂っこい高カロリー料理に備えて昼食時にひと工夫【太りにくい体質】を構築させておくことが大切です。

 意識するポイント
・消化・吸収が機能するよう体内の状態をきちんと調整して宴会に臨むこと。
・血流を促した状態で宴会に臨むこと。
・体温を上昇させた状態で宴会に臨むこと。

上記した3点はいずれも【代謝を向上させ太りにくい体質を構築しておくこと】を意味しています。

illust1327_thumb.gif


 太りにくい体質を構築させる昼食チョイス
基本的にアルコール摂取が根底にある宴会の場では、体に必要となる栄養素の吸収が阻害されてしまう体内トラブルが発生します。
栄養吸収を阻害するってことはダイエット観点から捉えるとプラス効果なのでは?
と安易に解釈するのは危険信号、アルコールによる吸収阻害は《吸収と消化バランスの崩壊・代謝の悪化》を意味しており太りやすい体質を構築、残念なことにダイエットにおいてはマイナスに働きかけることになります。
このような事態を未然に防ぐために昼食時は意識を持って食事メニューをチョイスしなくてはなりません。

昼食はタンパク質を豊富に含んだ料理をチョイス!

 タンパク質の働き
アルコールが入る前に体内にもっとも溜め込んでおきたい栄養素が《タンパク質》。
タンパク質には血管を軟化させることにより血流をよくし体温を上昇させる、また脂肪燃焼効果を高めるダブル代謝向上効果があります。
お肉類・魚介類・大豆食品・卵・乳製品など、基本的に高カロリーな食べ物が多いため『夜のカロリー過剰摂取に備えて昼は控えめにしておかないと』と考えてしまうのが一般的ですが、これが意外と落とし穴!
体に必要となる栄養素が吸収阻害されてしまう宴会に備え、昼食ではタンパク質を豊富に含む料理を摂取し、【体内にタンパク質を溜め込んだ状態】で宴会に臨むようにしましょう。

 アルコール対策としてはタンパク質+アミノ酸を意識
こちらはダイエットとは少し離れた余談になりますが、良質な魚介類や卵にはタンパク質に加え肝機能を高めるアミノ酸も多く含まれています。アルコールによる肝機能の低下は宴会中は勿論、宴会後の健康面などに大きく悪影響を及ぼす恐れがあります。
気になられる方は【タンパク質+アミノ酸】を多く含む料理チョイスに意識を持つようにしましょう。

でもやっぱりタンパク質料理のカロリーが気になる・・・

困った.gif


はい。上記した《落とし穴発言》と矛盾していますが、皆さんがこのように思われても当然です。
確かにいくら代謝を向上させ宴会自体は太らないで乗り切ることが出来たとしても、一日のトータルカロリーを過剰摂取してしまい結果として太ってしまったとあれば本末転倒もいいとこ。
そこでこれまでのニーズを総括、良質なタンパク質とアミノ酸を含む比較的ヘルシーな食事メニューを紹介、強制ではありませんがひとつの例として参考にしてみましょう。

 @焼き魚定食(動物性タンパク質+アミノ酸)
お肉料理は控え焼き魚を主とし御飯・お味噌汁に少しの野菜のつけ合わせを加えた和食定食。
血流をよくし体温上昇、消化・吸収代謝機能を向上させてくれます。

 A納豆・豆腐料理(植物性タンパク質+アミノ酸)
太らないだけでなく、痩せたいという欲張りなあなたには大豆を主としたヘルシーメニューがおすすめ。
タンパク質による代謝機能の向上は勿論、摂取カロリー量も抑えることが出来ます。

本来は動物性・植物性タンパク質のどちらが良いというものではなく、バランスよく摂取しなければならないのですが、宴会というカロリーの過剰摂取が予測されるこのような機会では【植物性タンパク質】を意識的にチョイスしてみるのも良いかと思います。

 参考記事
三大栄養素のひとつ【タンパク質】

 B温かいお蕎麦
こちらは知る人ぞ知る宴会前に摂取しておきたい定番食品。
お蕎麦はバランスよく良質のタンパク質とアミノ酸をバランスよく含む宴会前の鉄板食品。
血管を軟化させて血流を促す。体温を上昇させるのダブル代謝向上効果に加えヘルシーメニュー。
もしも昼食に迷うのであれば【温かいお蕎麦】をチョイスしておけば間違いありません。


 宴会直前にはホット一息
宴会が始まる直前には最後の仕上げとなる太らない対策をもうひとつ。
種類は問いませんので【体の温まるホットな飲み物を飲みながら深呼吸】。
お仕事など日中での活動により緊張状態にあった筋肉が緩みほぐされ体温が上昇、勿論これは代謝向上を意味しており、その後の宴会で摂取するアルコールや食べ物の代謝をスムーズにさせる効果があります。
非常にシンプルなものですが、宴会前の習慣として忘れず身につけておきたいテクニックといえます。

事前対策はこれで完璧!
入店をすませ席につくと見知った面々が既に勢ぞろい。
アルコールが一同の手に渡り・・・

乾杯.png


いよいよ宴会が始まります。
ここから大切になってくるのが、太らないで乗り切るポイントの残り2つ・・・

・アルコールの選択に意識をもつこと(アルコール代謝に対する知識)。
・食べる順番に工夫を設けること(代謝アップ、血糖値、消化・吸収に対する知識)。

次回記事は上記2点のひとつ、ダイエット中のアルコール対策に着目【お酒を飲んでも太らない方法】について記述していきます。
本記事からの流れで併せて読みすすめていきましょう。




「スポンサードリンク」
この記事へのコメント
魅力的な情報ですね〜有難うございます♪
分かり易いし勉強になります。
今週末に忘年会、来年度には新年会が控えているので
参考にさせていただき早速実践してみようと思います。

乾杯後のテクニックも気になります!
次の記事も楽しみにしているので宜しくお願いします。
応援ポチっときまーす
Posted by アラフォー女 at 2014年12月23日 17:44
 アラフォー女さん、返信が遅くなり申し訳ありません。
忘年会には間に合わなかったけど新年会には間に合うかな^^;
年末年始のイベントでのダイエットに着目した記事ですが、
今日の投稿でとりあえず一区切りがつきました。
いたらぬ内容かもしれませんが、少しでもお食事の機会に
役立てていただければ幸いです。

明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。
Posted by ブログ主 at 2015年01月03日 02:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/411090238

この記事へのトラックバック
        オススメダイエット商品(2015.6) 【スキンフェアリー】