約80%の人が太る年末年始を体重変動なしで終えるための打開策 年末年始を太らないで乗り切る方法 1 



 年末年始を太らないで乗り切る方法 1
【忘年会・お正月、誰もが太る年末年始を太らず乗り切る打開策は?】

・この時期は特別な食事の機会が多くて、毎年のことながら太っちゃった。
・寒いしコタツでごろごろ、食っちゃ寝生活を送ってたら太っちゃった。
・間違いなくお餅の食べ過ぎ、太っちゃった。
・アルコール飲みすぎたかな、太っちゃった。

上記したような年明けに行われる会話、もはや《毎年恒例のお約束》となってしまっている方も多いのではないでしょうか。
お仕事をされている方や学生の方からすると普段とは違うライフワーク(長期休暇)になる年末年始。
【身体・脳の活動量が極端に低下する期間】を過ごすことになるのですから、このような会話はもとより、ダイエットトラブルを招くのは必然といえる事態なのかもしれません。

困った.gif


 約80%の人が太る年末年始
いわゆるお正月太りと呼称されるものですが、統計データによるとなんと約80%もの人が『お正月明けまでに太った』と回答されています。
年度により微々たる誤差はありますが、平均値でみると毎年ほぼ同様の結果になります。)
簡単な内わけになりますが以下の通りになります。

1〜2kg増 約40%
2〜3kg増 約25%
3〜4kg増 約10%
4kg以上増 約5%
太らなかった 約20%


この結果は【年末年始は太る】という裏付けを示しており、皆さんも実体験に当てはめて考えると納得のいくものと捉えることが出来たのではないでしょうか。

『年末年始はなぜここまで太ってしまうのか?』

スポンサードリンク




 年末年始に太ってしまう原因
太る原因は文頭でも記述した通り【身体・脳の活動量が低下すること】、これに加え【食事の機会が多くなることによる食べ過ぎ】主にはこの2点になります。
ですが原因が分かってはいても、いざ行動に反映させるとなるとそれは決して容易なことではありません。
日常生活(お仕事や学業)と同等の活動量をこの時期に補うことは非現実ですし、盛り上がる席である食事の機会に『太りたくないから』と個人のニーズを持ち込むこともなかなか勇気が必要です。また一歩間違えるとKY(空気を読めない人)といった印象を他者に与えてしまう恐れすら考えられます。
また私個人の見解としても、年に一度のおめでたい休暇なのですからダイエットのために回避といったことは考えず、思いっきり羽を伸ばし日頃蓄積されたストレスを発散させて欲しいという思いが本音としてあります。

じゃあ年末年始は太るものと割り切って諦めた方が良いのかな?

いえ、勿論そんなことはありません。
流石に年末年始期間に痩せることは困難になりますが、太らないで乗り切る方法はあります。

illust1327_thumb.gif


  忘年会・新年会
忘年会や新年会=飲み会といっても過言ではないくらい、近年では仲間と集まってアルコールを飲むイベントとして定着しており、またそのような認識を持たれている方も多いのではないでしょうか。
アルコールに加え、そのアテとしてテーブルに所狭しと並べられる高カロリーな料理。
何も考えず存分に飲み食いしちゃおう・・・間違いなく太ります。だからといって飲み食いを避けると周囲の空気を壊してしまう恐れが考えられます。
ですが心配ありません。あなた自身が【少しの知識と意識を持って忘年会に臨むこと】により、空気を壊さず楽しく、そして太ることなく乗り切ることが可能になります。

  忘年会や新年会(宴会の席)を太らないで乗り切るポイント
・夜の宴会に備えて昼食時にひと工夫(事前対策で体質コントロール)。
・アルコールの選択に意識をもつこと(アルコール代謝に対する知識)。
・食べる順番に工夫を設けること(代謝アップ、消化・吸収に対する知識)。


野菜を食す.gif


  お正月
寒い時期ですし、コタツを囲んで団欒のひと時というのが日本における定番のお正月風景。
お餅料理を主食とし色とりどりに並べられるお節料理。食事の時間以外にも卓上に並べられついつい手が伸びてしまうお菓子類。また個人によっては時間を気にせずアルコールを煽るといったことも。
何も考えず存分にお正月を堪能しちゃおう・・・間違いなく太ります。だからといってせっかくのおめでたい席だし新年早々我慢を強いられるのもちょっと・・・と考えてしまうのは当然のこと。
ですが心配ありません。あなた自身が【少しの知識と意識を持ってお正月を過ごすこと】により、おめでたい気持ちのまま無理もせず、そして太ることなく乗り切ることが可能になります。

  お正月を太らないで乗り切るポイント
・代謝を上げる食前習慣を身に付けること(代謝アップ・血糖値の上昇抑制に対する知識)。
・主食となるお餅の調理方法に工夫を設けること(GI値《グリセミック・インデックス》に対する知識)。
・アルコールの選択に意識をもつこと(摂取カロリーに対する知識)。
・食べ方、食べる時間、食べる順番に意識をもつこと(太らない食べ方に対する知識)。


簡単な羅列になりますが【年末年始を太らないで乗り切るポイント】は以上になります。
次回からはこれらを踏まえた上で、各ポイントを掘り下げての実践方法に入っていきます。

《年末年始=太るもの》というお約束を打破する年末年始対策として参考にしていただければ幸いです。




「スポンサードリンク」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/410631760

この記事へのトラックバック
        オススメダイエット商品(2015.6) 【スキンフェアリー】