飲むだけで痩せるお酢ダイエット方法 成功する正しいお酢ダイエットのやり方 まとめ



 お酢ダイエット方法
【正しく痩せて美しく健康的な自分を手に入れる!お酢ダイエットの仕方 まとめ】

 《ダイエット効果・美容・健康効果・若返りアンチエイジング効果》
飲むだけで多くの有益効果が得られるお酢(ダイエット)。
今回はこれまで扱った記事の総括として正しいお酢の飲み方をまとめていきます。

お酢は摂取するだけで痩せられるダイエット効果をはじめ、若返りアンチエイジングや身体のむくみ解消といった美容効果、また冷え性改善や血液サラサラ(血流をよくする)健康効果など、非情に多くの嬉しい効果があるのですが、ただ漠然と飲むだけではそれらの効果をきちんと得ることは出来ません。
効果を最大限に得るためには、お酢ダイエットを取り組む上でおさえておくべき【正しい知識】をきちんと身に付け、またそれに従った【正しい方法】での実践が求められます。

説明.gif


  お酢ダイエットにおける注意点
・様々な種類のお酢の中からダイエットに適したお酢を選ぶこと。
お酢という大きな括りで捉え漠然と飲み続けるだけでは、なかなか自分の思ったような効果をあげられないケースが多発してしまいます。『お酢を飲むだけでどうしてダイエット効果が得られるのか』を基礎知識として頭に入れた上での【お酢選び】をしなければなりません。

・お酢と他の栄養素との相性を考え、体内への成分吸収率がもっとも高くなっているタイミングでお酢を飲むこと、また最低限摂取量をきちんと守って飲むこと。
お酢の性質をきちんと理解してダイエットを実践しなければ有益効果をきちんと得ることが出来ません。
【お酢の飲む量と飲むタイミング意識に対する正しい知識と方法】が求められます。

後半では上記した留意点を踏まえ正しく痩せるお酢ダイエットのやり方をまとめていきます。
これまで記述してきたお酢ダイエットの個別記事と比べると簡易な内容になりますが、実践する上での大切なポイントはすべて書き出しているので一読すれば即《お酢ダイエット実践》にうつせるものになっています。
お酢ダイエットに取り組まれる方の即見簡易資料として有効に活用していただければ幸いです。


スポンサードリンク




 正しいお酢の飲み方(ダイエット方法) まとめ

  お酢選びを間違えないこと!
 お酢ダイエットに最適なお酢はどの種類?

お酢にはクエン酸回路の働きを活性化させ糖と脂肪の燃焼効果が促進させる《酢酸》。
体内で脂肪の分解を促進させる効果をもつ《アミノ酸》の二つが含まれており、これらがお酢を飲むと痩せる理由であり、またダイエットを成功させる上での重要なポイントになります。
酢酸はどのお酢においても最低必要量をクリアしていますが、アミノ酸の含有量にはお酢の種類により大きな差があります。
米酢・玄米酢・リンゴ酢・黒酢・バルサミコ酢など、お酢には数多くの種類が存在しますが、ダイエットを目的とするのであれば糖分解・脂肪燃焼効果を底上げ、酢酸との相性が良く相乗効果でクエン酸回路を更に活性化させる働きを持つ《アミノ酸》を多分に含んだお酢選びが重要となってきます。

1リットル中のアミノ酸含有量(単位:グラム)
米酢8グラム  玄米酢19グラム
リンゴ酢4グラム 黒酢34グラム
バルサミコ酢25グラム

アミノ酸は米酢やリンゴ酢などにもアミノ酸は含まれていますが、より大きなダイエット効果を得るにはお酢の中でも※アミノ酸を特に多く含む【黒酢】を選択するようにしましょう。

 詳細記事
お酢がもたらす様々な有益効果

お酢.png


  最低限摂取量だけは守ること!
 ダイエットを視野に入れたお酢の飲む量

ダイエットを視野に入れた一日に必要なお酢の最低摂取量は30ml(大さじ約2杯分)になります。
ここでひとつ注意点『たくさんお酢を飲んで更に大きな効果を得よう!』と思われる方もおられるかと思いますがこちらは間違った方法になります。
仮に過剰摂取をしても身体トラブルが引き起こされることはなく特に問題ありませんが、体内吸収限度により摂取量に比例した大きな効果は期待出来ません。
好んで自然に飲まれている方は結構ですが、ダイエット目的で意図的な摂取をされている方は一日に酢の物料理を別として約30ml(大さじ2杯)の摂取量を目安にすると良いでしょう。

 効果が最大限に得られるお酢を飲むタイミング
お酢は他の栄養素、特に食物繊維との相性が悪く同時摂取すると体内へのスムーズな成分吸収が出来なくなるといった性質を持っています。同時摂取する食べ物を吟味しながらお酢を飲むといった方法も可能ですが、ある程度の継続摂取が求められるお酢ダイエットにおけるこのような重なる手間は、期間に伴い負担となってしまう怖れがあります。
上記した理由から、お酢を飲むタイミングは【各食事の中間時間(朝食 昼食間、昼食 夕食間、夕食 就寝間)】にすると良いでしょう。

寝起き・就寝直前など食事時間から長時間空けた空腹時でも体内吸収されやすい状態にあるのですが、お酢は刺激が強く胃などの粘膜を荒らしてしまう危険性があります。
摂取を避けることをオススメしますが、もしも飲まれる場合には最低でも5倍以上に薄めたお酢を飲むようにしましょう。

詳細記事では上記したお酢の飲む量とタイミングに加え、お酢が苦手な方でも飲み易いお酢ドリンクの作り方(レシピ)も併せて紹介しています。ニーズのある方は参考にしてみましょう。

 詳細記事
お酢を飲むタイミング・飲みやすいお酢ドリンクの作り方

illust1447_thumb.gif


  女性が求める永遠のニーズ
 お酢による若返りアンチエイジング効果

お酢を飲むことにより活性化されるクエン酸回路は全身60兆個もの全細胞に存在しています。
つまり、お酢によりクエン酸回路を活性化させるということは、糖・脂肪燃焼を促すダイエット効果とは別に衰えた臓器(細胞)を回復させ昔の状態に戻すことも意味することになります。
【臓器を以前の状態に戻す=若返りアンチエイジング効果】を得ることが出来るのです。

アンチエイジング効果を得るための注意点や摂取方法は特になく、方法は上記した正しい摂取量を守りお酢を飲むだけになりますがクエン酸回路の活性化させる力の限界値を超えて最大限に引き出すテクニックとして【コエンザイムQ10】をお酢と同時に摂取するという方法があります。
クエン酸回路の活性化を促すものですから、アンチエイジング効果は勿論、ダイエットをはじめ美容・健康効果も飛躍的に向上させることが出来ます。

頬いい感じ.gif


『若返りたい』『早く痩せたい』などのニーズを強くお持ちの方は、お酢と【コエンザイムQ10】の同時摂取も考えてみると良いでしょう。
詳細記事ではコエンザイムQ10についての詳細内容に加え、私がオススメするコエンザイムQ10の商品もいくつか紹介しています。
興味のある方は一度目を通し、参考にてみましょう。

 詳細記事
お酢によるアンチエイジング若返り効果




「スポンサードリンク」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/405143687

この記事へのトラックバック
        オススメダイエット商品(2015.6) 【スキンフェアリー】