豆乳ダイエット方法 成功する正しい豆乳ダイエットのやり方 まとめ



 豆乳ダイエット方法
【美しく健康的に痩せる正しい豆乳ダイエットの仕方 まとめ】

 《ダイエット効果・美容効果・健康効果》
飲むだけで様々な有益効果の恩恵が受けられる豆乳(ダイエット)。
今回はこれまで扱った記事の総括として正しい豆乳の飲み方をまとめていきます。

豆乳(大豆)は摂取するだけで痩せられるダイエット効果、美肌や美髪を作る・バストアップといった美容効果、便秘解消やコレステロール値低下・更年期障害の緩和といった健康効果など、実に多くの有益効果があると言われていますが、ただ漠然と飲むだけではそれらの効果を最大限に得ることは出来ませんし、最悪のケースでは逆に太ってしまった、豆乳を飲み始めた途端生理不順を招いた、肌が荒れたといった本末転倒な事態まで引き起こしてしまうことがあります。

上手くいかない.gif


  豆乳ダイエットにおける注意点
・豆乳は比較的栄養値(カロリー)が高いため【飲む量】には最善の注意が求められます。
痩せたい一心で過剰摂取した結果、痩せるどころか逆に太ってしまうといった失敗を引き起こしてしまう可能性が考えられます。

・豆乳に含む栄養素《大豆イソフラボン》は女性ホルモンと同様の働きを持つため、過剰摂取はホルモンバランスの崩れから生理不順を引き起こしたり、また本来得られるはずの美容や健康効果にもマイナスへと働きかけてしまう恐れがあります。【飲む量への意識は勿論、女性ホルモンに対する正しい知識と認識】が求められます。

・豆乳に含まれる《大豆サポニン》《大豆イソフラボン》には効果を最大限に引き出すための飲む時間が決められています。
ダイエット・美容・健康、すべての効果の恩恵を最大限に得るためにも【飲むタイミング】の正しい知識と方法が求められます。

後半では上記した留意点を踏まえ正しい豆乳ダイエットのやり方をまとめていきます。
これまでに記述してきた豆乳ダイエット個別記事と比べると簡易な内容になりますが、重要ポイントは書き出しているので一読すれば即実践にうつせるものになっていますので、豆乳ダイエットを取り組む皆さんの即見簡易資料として活用していただければ幸いです。


スポンサードリンク




 正しい豆乳の飲み方 まとめ

  豆乳ダイエットにもっとも効果的な豆乳
豆乳には無調整豆乳・調整豆乳・豆乳飲料の三種類ありますが、ダイエットを目的とするのであれば有益効果をもたらす二大栄養素《大豆ペプチド・大豆サポニン》を多分に含んだ状態が保たれている【無調整豆乳】を選択しましょう。

 詳細記事
無調整豆乳・調整豆乳・豆乳飲料 3種類の豆乳とダイエット効果

大豆.png


  最大限の効果が得られる豆乳を飲むタイミング
【毎日豆乳を飲み続ける継続摂取型豆乳ダイエット】
・食前30分以内に豆乳を飲むことで、豆乳に含む《大豆サポニン》が腸内環境を整え余分な糖質や脂質の吸収を防ぐ働きをしてくれる。

・豆乳は腹持ちが良く食べ過ぎ防止効果がある。

・体内で女性ホルモン(エストロゲン)と同様の働きをおこない、美肌効果や更年期障がいを緩和させる効果を持つ《大豆イソフラボン》の活動は摂取後約2時間でピークを迎える性質がある。

まとめると、ダイエット面・美容面・健康面、すべての豆乳効果を最大限に得られる飲むタイミング(時間)は【毎日・毎食前、また上記した大豆イソフラボンの性質を考慮し摂取時間の間隔が朝・昼・晩、出来るだけ均一になるよう意識を持って摂取》すると良いでしょう。
豆乳を飲んでから、次の豆乳摂取まで必ず2時間から3時間の間隔をあけること。

 詳細記事
豆乳効果を最大限に得られる豆乳を飲むタイミング(時間)


 【生理前に特化させた期間限定型豆乳ダイエット】
一般的に推奨されるケースの多い生理がくる一週間前に豆乳を飲む《生理前7日間ダイエット》ですが、これは正しい認識方法とはいえません。
正しくは女性ホルモンであるブロゲステロンが過剰分泌され《太りやすく痩せにくい体質になっている排卵期間後に飲むこと》これが生理前における豆乳を飲むタイミングになります。
排卵日は一日だけですが排卵期間で考えると《排卵前・排卵日・排卵後》の3〜5日間程度の期間があり、生理前の豆乳を飲むタイミングはこの排卵期間を終えて次の生理が来るまでの期間が適切といえます。

 生理前 豆乳を飲むタイミング
生理開始日から数えるのであれば【生理開始日から17〜19日後から。】
生理前から数えるのであれば【生理がくる約10日前から。】

生理前豆乳ダイエットは女性ホルモンを自発的にコントロールして行うことになります。
ダイエットは勿論ですが、美容や健康などあらゆる面で影響のある女性ホルモン、デリケートなダイエット方法になるので、ご自身の身体と向き合いながら慎重に実践するようにしましょう。

 詳細記事
生理前の豆乳 飲むタイミングは排卵期間を終えてから


illust1447_thumb.gif


 豆乳の飲む量
食品安全委員会の発表】では、ダイエットなどの目的により意図的に豆乳を継続摂取する場合の摂取量上限値目安は《一日70〜75mg》と提示されています。
これは女性ホルモンであるエストロゲンと同様の働きをする大豆イソフラボンの過剰摂取となり、ホルモンバランスが崩れ身体に何らかの支障がでる可能性を危惧しての提示になります。
無調整豆乳200ml(コップ約一杯分)に含む大豆イソフラボンは約50〜60mg(上限摂取量は70〜75mg)、数値から分かる通り許容摂取範囲内になるのですが、私たちは日常生活習慣としてお豆腐や納豆、調味料としてはお醤油やお味噌など、それほど意識していなくとも大豆を摂取する機会が数多くあります。
このような日本人に多いライフスタイルを考慮、豆乳の飲む量は通常サイズのコップに約七分目《一日180ml・大豆イソフラボン約45〜54mg》程度を摂取量目安を厳守しましょう。
特に【毎日豆乳を飲み続ける継続摂取型豆乳ダイエット】を実践される方は、朝・昼・晩の摂取量バランスにしっかりと意識を持って取り組むようにしましょう。

日本豆乳協会からの近年発表では、豆乳飲用に際しての摂取量上限値目安は一日当り200mlを1〜3本程度、他の食事とのバランスを考え飲用することを推奨。また大豆イソフラボンの過剰摂取摂取量からくるホルモンバランスの崩れなどの身体トラブルも、一部のサプリメント食品などが対象で豆乳を含む従来の大豆食品の摂取では問題ないとされています。
が、実際に豆乳ダイエットに取り組まれた方からの口コミでは、なんらかの身体トラブルが引き起こされたというケースも多々みられ慎重な摂取を心掛けるに越したことはありません。
万一の事態に備え上記した豆乳摂取量上限値目安はきちんと守るようにしましょう。

 詳細記事
豆乳の飲む量 一日あたりの摂取量上限値目安





「スポンサードリンク」
この記事へのコメント
お世話になっております。
これは分かり易くていいですね。

ちゃんと彼女と二人で頑張ってますよ。
まだこれからだろうけど経過が楽しみです。

応援ポチッときます。
Posted by トシ at 2014年08月31日 20:16
 トシさん、いつもコメント有難うございます。
簡単なまとめ記事ですが、役立てていただければ
幸いです。

彼女さんと取り組まれている豆乳ダイエット。
個人差により経過にはある程度の差が見られますが
継続していただければ着実に効果が現れてくるかと
思います。焦ることなく、結果を楽しみに待ちながら
気長に頑張ってみて下さいね。

もし宜しければ、効果が得られた際には簡単にでも
報告していただければ嬉しく思います。
これからも宜しくお願いします。

Posted by ブログ主 at 2014年09月11日 00:52
質問させて下さい。m(._.)m
豆乳ダイエットを始めたのですが、生理中も引き続き飲んでいました…。
豆乳ダイエットは、期間を守らないとやはり効果はでないのでしょうか?汗

1日の飲む量は大丈夫かと思うのですが、生理が始まり、生理が終わってから今日まで約一週間弱経ちますが、それまで毎日飲んでいました。
そろそろ体重が落ちるのでは…?と体重を計ったのですが、全く減る気配がなく。泣
よく調べたら「生理中は飲んではいけない」と知りました。_| ̄|○
効果が薄れるともあったので、落胆しています…。

やはり毎日では、体重が落ちるなどダイエット効果は得られないのでしょうか?泣
せっかく始めたのに、、わざわざ買って毎日飲んで、、ガッカリしています…。

Posted by みなみ at 2014年12月15日 20:53
 みなみさんご質問有難うございます。

質問返しになり申し訳ないのですが、2つお聞きしたいことがあります。
ひとつはみなみさんが豆乳を飲み始めてからどれくらいの期間になりますか?
もうひとつは体重に変動がないとのことですが増えてはいませんか?

個人差にもよりますが、新しく摂取した豆乳が身体に馴染み痩せる状態に
もっていくまで(体質改善)にはある程度の期間を要します(1〜2ヶ月)。
決して即効性のあるダイエット法ではありませんので、もしも摂取期間が
短いのであれば体質改善までの期間と割り切り焦らずもうしばらく様子見
していただければと思います。

また豆乳ダイエットは基本的には【継続型】【生理前型】の2つの方法が
あるのですが、みなみさんが実践されている前者の継続型であれば毎日
摂取していただいても問題ありません。
ですが、ここでもしも体重が増加してしまうような事態を招くのであれば
方法を見直す、もしくは生理前に特化させた方法に切り替える必要があり
ます。


 継続+生理前混合 20日間豆乳ダイエット方法
@量とタイミングを守り基本的には毎日豆乳を摂取する。

A生理後は豆乳を摂取せずとも痩せやすい体質になっているので、無駄な
カロリー摂取を抑えるために生理がきたら10日間は豆乳は飲まないよう
にする。

Bその後再び豆乳を摂取し始める。

上記した方法は【生理前豆乳ダイエット】に近いようですが、それよりも
摂取期間を長く設けた《20日間豆乳ダイエットプログラム》になります。
排卵日や期間などの計算は考える必要はありません。

『生理がきたら10日間豆乳を飲まない!』

という認識とルールを新たに取り入れてみるとまた違った経過を良い方向
で迎えることが出来るかもしれません。
本内容がダイエット成功に向けての参考になり、同時にみなみさんのお力
になれれば幸いです。

乱文になり申し訳ありません。
もしもまだ疑問点や不安などがあれば、いつでもご連絡下さいね。
Posted by ブログ主 at 2014年12月22日 20:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
        オススメダイエット商品(2015.6) 【スキンフェアリー】