豆乳の飲む量 一日あたりの摂取量上限値目安 豆乳ダイエット方法 8



 豆乳ダイエット方法 8
【一日の豆乳摂取量、一日あたりの摂取量上限値目安を守ること】

 豆乳ダイエット
ダイエット効果は勿論、美肌や美髪、バストアップなどの美容効果、コレステロール値低下といった健康効果まで幅広い有益効果をもたらす豆乳(ダイエット)。
今回は【一日あたりの豆乳摂取量】になります。

豆乳(大豆)は飲むだけで痩せると言われていますが、カロリーなどの栄養値が比較的高いこともあり《飲む量》には最善の注意が求められます。ダイエット目的で我武者羅に飲み続けた結果、痩せるどころか逆に太ってしまったといった本末転倒な失敗を引き起こさないためにも、きちんとした正しい知識を身につけておきましょう。

考える.gif


これまで本ブログでは【毎日豆乳を飲み続ける継続摂取型豆乳ダイエット】【生理前に特化させた期間限定型豆乳ダイエット】二種類のダイエット方法に分けて紹介してきましたが、今回記事にする《豆乳の飲む量》に関してはどちらにおいても通ずる内容になります。
どちらのダイエット方法を選択したかに関わらず、豆乳ダイエットを取り組む皆さんが、ダイエットを成功させる上での参考知識としていただければ幸いです。


スポンサードリンク




 豆乳摂取量の上限値目安
  豆乳の飲みすぎには注意すること!
食品安全基本法に基づいて食品安全行政を行う機関である【食品安全委員会】の発表によると、ダイエットなどの目的により意図的に豆乳を継続摂取する場合の摂取量上限値目安は《一日70〜75mg》と提示されています。
これは豆乳を飲み過ぎることにより、女性ホルモンであるエストロゲンと同様の働きをする大豆イソフラボンの過剰摂取となり、ホルモンバランスが崩れ身体に何らかの支障がでる可能性を危惧しての提示になります。

 【豆乳の飲む量、飲み過ぎには最善の注意を払うこと!】
しつこいようですが他の栄養素同様、豆乳を飲む際は必ず適量摂取を心掛けるようにしましょう。

illust1447_thumb.gif


 豆乳の飲む量
無調整豆乳200ml(コップ約一杯分)に含む大豆イソフラボンは約50〜60mg(上限摂取量は70〜75mg)になります。
数値からお分かりいただけるかと思いますがこれだけだと許容摂取範囲内になるのですが、豆乳に関しては上にも記述した通り飲み過ぎには注意を払うこと、ホルモンバランスの崩れからくる身体トラブルを引き起こす可能性が危惧される過剰摂取は絶対に禁物です。
私たちは日常生活習慣としてお豆腐や納豆、調味料としてはお醤油やお味噌など、それほど意識していなくとも大豆を摂取する機会が数多くあります。このような私たち日本人特有のライフスタイルを考慮、豆乳の飲む量は通常サイズのコップに約七分目【一日180ml・大豆イソフラボン約45〜54mg】程度を摂取量目安にすると良いでしょう。

  あわせて読もう!
 豆乳ダイエット関連記事
どれを選べば良いの?
無調整豆乳・調整豆乳・豆乳飲料


いつ飲めば良いの?
最大効果が得られる豆乳を飲むタイミング


生理前豆乳ダイエット
豆乳を飲むタイミングは?





「スポンサードリンク」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/404318548

この記事へのトラックバック
        オススメダイエット商品(2015.6) 【スキンフェアリー】