脳による活動代謝の重要性 代謝ダイエット成功の方程式 消費カロリー 2



 一日の消費カロリー 2
【活動代謝、脳活動による消費カロリーの重要性】

食事によるダイエット方法への関心が高まり一日の摂取カロリーへの意識がどんどん高まっていくのに反し、意外に見落としがちとなる一日の消費カロリーに対する意識。

前回は2種類のエネルギー代謝である基礎代謝と活動代謝について説明しました。
本テーマにおいて効率よくダイエット効果を得る上では全ての土台となる必須基礎知識になるので、まだ読まれていない方は前回記事から目を通しておきましょう。
 ※特に性差・年齢別による平均基礎代謝量は必ずおさえておくこと。

一日の消費カロリー 1

基礎代謝と活動代謝、2種類のエネルギー代謝

説明2.gif


前回の復習になりますが【一日の適正摂取カロリー】−【一日の平均基礎代謝量】
上記の計算式で算出したカロリー数値がダイエットにおいて私たちが意識を持たなくてはならない消費カロリー量、つまり活動代謝になり、そして今回から扱うテーマになります。

 活動代謝とは?
トイレや身支度といった日常生活動作、仕事、運動など、ありとあらゆる体を動かす行為に加え、新聞を読む、ニュースを見るといった脳を使った活動よって使用される消費カロリーのことをいいます。

 脳活動による消費カロリーの重要性!
一般的に活動代謝といえば体を動かすことを重点に思い描きがちですが、脳活動による消費カロリーも本ダイエットにおいて外せない重要なポイントになります。
脳は他のどの臓器よりも多くのカロリーを消費するにも関わらず、そのエネルギー源として使用するのはブドウ糖のみ、つまりタンパク質や脂質といった他のエネルギー源では補うことが出来ません。

 タンパク質や脂質を使わないのならダイエットにおいて不利なのでは?
確かにタンパク質、特に脂質を消費しないというのはダイエットにおいて不利と思いがちですが、決してそんなことはなく、ここで重要なポイントは消費するカロリーのエネルギー源をブドウ糖以外では補えないということにあります。

疑問2.gif


ブドウ糖の一日最低必要量は約160gですが、脳は安静にしていても一日にその大半のブドウ糖を消費、時間に換算すると1時間に約6〜7g消費する計算になります。
これでお気づきの方もおられるかもしれませんが、脳は他のエネルギー源がなくブドウ糖のみからエネルギーを使用するため分散されることなく非常に効率よくカロリーを消費してくれます。
上記したブドウ糖160gは約500Kcalに相当、つまり何もしていない状態で1時間に約21Kcalずつカロリーを消費、勿論これは体内に蓄えた最低必要量のブドウ糖から消費しているためダイエットに直結することはありませんが、脳活動による消費カロリーがいかに多大なものであるかはご理解いただけるのではないでしょうか。
何もしなくてもブドウ糖の大半を消費、つまり脳活動を自発的に取り入れブドウ糖を使い終えた後は他のエネルギー源に頼ることなくカロリーを直接消費、飛躍的な消費カロリーアップが期待出来るということです。

スポンサードリンク




 脳の活動レベルを上げて消費カロリーをアップさせよう!
徹夜で勉強した後、仕事の会議で長時間拘束された後などに甘いものを急激に摂取したいと思うことがありませんか?
これは脳をたくさん使用しエネルギー不足になった脳が、エネルギー源であるブドウ糖を欲していることにより引き起こされる衝動になります。
つまり、この衝動が引き起こされた時からが、脳の活動代謝としてカロリーをブドウ糖ではなく直接消費させるダイエットタイム突入の指標と覚えておきましょう。
ダイエットタイム突入以降は脳の活動レベルを上昇させることにより消費するカロリーは比例して増加、著しいダイエット効果が期待出来ます。

bs_07b.gif


 脳による活動代謝における4つのポイント
@脳活性のピーク時、脳が完全に目覚める起床2時間後〜脳が休息態勢に入る就寝2時間前のカロリー消費量は約50%上昇、ダイエット時間を意識しよう。

A発育段階にある18歳未満の脳の活動代謝における消費カロリーは成人と比較し2倍以上。

B一度身に付いた学習内容ではカロリー消費量が低下。新しい本を読むなど、常に脳に新しい刺激を与え活性化、代謝量アップを意識しよう。

C身体全体の総消費カロリーのうち約20%を脳が担当、脳による活動代謝の重要性を理解しよう。

こちらをどうぞ2.gif


 代謝ダイエットを成功に導く方程式

                           基礎代謝量を上げる4項目
                筋力トレーニング    有酸素運動    正しい食生活    十分な睡眠

かける.png

                   身体による活動代謝脳による活動代謝

1d5afad5.jpg

                        一日の消費カロリーを促進させ、どんどん痩せる
                              代謝ダイエット大成功

non112_s.gif


以上が脳活動による代謝の全概要、また一日の消費カロリーをコントロールすることにより取り組む代謝ダイエットにおける基礎知識は今回で終了、次回からは具体的な実践方法に入っていきます。
上記最後に記載した代謝ダイエット成功の方程式を頭に入れた上で意欲的に取り組んでいただければと思います。




「スポンサードリンク」
この記事へのコメント
はい
Posted by at 2015年12月24日 04:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
        オススメダイエット商品(2015.6) 【スキンフェアリー】