朝バナナダイエットは本当に効果的? 朝バナナダイエット方法 1



 朝バナナダイエットのやり方 1
【朝バナナがもたらすダイエット効果、実践に移す前に正しい知識を身につけておこう】

豊富な栄養価に反比例した低カロリー、消化吸収が優れているため瞬時の栄養補給に適しており、時間に追われたときの朝食は『とりあえず1本』という感覚で摂取。
食品内に含まれる酵素(アミラーゼ)による果糖生成を活用させたダイエット効果は勿論、ビタミンCやビタミンB6、ミネラル(カリウム・マグネシウム)を含むため健康・美容効果まで期待出来る甘くて美味しい、おまけに希少価値が低く、リーズナブル価格で手に入る身近な食べ物。
imageCA10VRS3.jpg

1本あたりのカロリー
品種にもよりますが約80〜100Kcal(皮含む)


今回からバナナを用いたダイエット方法【朝バナナダイエット】に入っていきます。

 朝バナナダイエットとは?
ひと言キャッチフレーズは『簡単なのに効果的、方法は朝食にバナナと水を摂取するだけ!』
数年前にテレビメディアや雑誌を通して紹介され話題沸騰、一部の販売店ではその世情の勢いに便乗して特設バナナコーナーが設けられるといった事態を招くほど一世風靡したダイエット方法です。
その世間を賑わせたブームも下火となって早数年、多くの朝バナナダイエット実践者から続々と賛否両論に分断された結果報告、まずは一部になりますがいくつか紹介しておきます。

  成功報告
・割と短期間でダイエット効果が得られて美ボディを手に入れることが出来た。
・朝食をバナナに置きかえるだけでみるみる体重が落ちた、リバウンドもなし。
・便秘が解消されて毎日快便、心身共にスッキリ。
・無理なく続けやすいし継続が大切なダイエットにおいてオススメな方法。


  失敗報告
・全く効果が出なかった、そもそもバナナのダイエット効果自体疑わしい。
・逆に太った、本末転倒もいいとこ。
・よけいにお腹が減るという悪循環を招いて結局失敗、無駄な出費だった。


直接お話を聞いた訳ではないため理由は定かではありませんし、どのようなダイエット方法においても成功例と失敗例は共に必ず存在するものですが、上記のような失敗報告の根本には何か間違った方法で朝バナナダイエットに臨んだことが起因していると想定されます。
憶測になりますが、おそらく『ただ漠然と朝食をバナナに置きかえて毎日食べ続けた。』といった内容が一般的に最も多い失敗要因なのではないでしょうか。
良く耳にする【バナナを食べるだけで痩せる】これは明らかに雑な誇張表現といえます。
きちんとした知識を持って正しい方法でバナナを摂取すること、非情にシンプルで当たり前な2点ですが、成功と失敗を左右する大切なポイントであることは間違いありません。

illust1327_thumb.gif

朝バナナには確かなダイエット効果があります!

後半では朝バナナダイエットに臨む前におさえておきたい、間違った情報が蔓延するバナナについての正しい知識をポイントごとにまとめています。
知識を得ることはダイエットの成否を分ける大切な要因となるので、実践する前に必ず読み朝バナナダイエット方法についての理解を深めておきましょう。

スポンサードリンク




 バナナは本当に低カロリー?
文頭でも述べた通り、品種にもよりますがカロリーは約80〜100Kcal/1本(皮含む150g)になります。
主食である御飯(お米)やパンと比較すると確かに低カロリーといえますが、決してヘルシーなカロリー数値ではありません。
ましてや物量的にも一食に2本くらいは簡単に食べる方もおられるかと思いますので、バナナが低カロリー食品という認識は間違いではなくとも、正しいものとはいえません。

untitled.bmp


 だけどバナナはダイエットに最適な太り難くヘルシーな食べ物!
バナナがダイエットに向いたヘルシー食品である理由は、実はカロリーの数値自体ではなく、消化吸収の高い構造を持つバナナの性質にあります。
そもそも表記されているカロリーは口に摂取する時点でのカロリーであり、実際体内に吸収されるカロリーとは似て非なるものです。
つまり、同カロリーの食べ物であっても身に付き易いものと、身につき難いものが存在しており、消化吸収に優れた性質を持つバナナは間違いなく後者に該当、摂取後に日常生活レベルの運動を行うことによりカロリーはみるみる内に消費されていきます。
バナナは消化吸収が良く身につき難い食べ物=ヘルシー食品と認識しておきましょう。

そうだ.png


ですが、確かにバナナは太り難い食べ物といえますが、その性質は何もバナナに限ったものではありません。
それにも関わらずバナナが朝食ダイエット方法の最適メニューとして支持されるその訳は・・・

 バナナには糖質や脂質を分解する酵素が含まれているから?
一般的に【バナナには糖質・脂質を分解し脂肪の燃焼を促進させる酵素が含まれている】といわれ、テレビや雑誌などでも大々的に取り上げられたことがあり、また現在においてもネット情報などで紹介されていたりしますが、残念ながらこれはブームに便乗して生まれたガセネタになります。
バナナの成分には栄養学的見解から捉えてもそのような効果はいっさい見られず、また統計的にダイエット効果を立証したという情報も圧倒的なデータ不足により、とても立証という域に達しているとはいえません。
それなら今まで発信されてきた情報は全て嘘、朝バナナダイエットには酵素ダイエットとしての効果が得られないのか? そこだけを抽出して解答するのであれば答えは『NO』です。

non113_s.gif


 朝バナナダイエットは間違いなく酵素ダイエット!
上記した通り糖質や脂質を分解する酵素こそ含まれていませんが、バナナにはアミラーゼという消化酵素が含まれています。
このアミラーゼという酵素はただでさえ高いバナナの消化吸収の効率をさらに高める効果、またバナナに多く含まれる炭水化物を消化・分解する効果を持つ酵素の一つであり、効率のよい身体のエネルギー供給源となるブドウ糖、脂肪を直接燃焼はしませんが燃焼促進効果のある果糖、さらに腸内環境を改善するオリゴ糖など、ダイエットに有効な糖質に分解する力を持っています。
アミラーゼを取り入れる方法としては体内で自動生成されるものと食品、つまり本記事で紹介しているバナナなど外部から摂取する方法があります。
どちらにおいても酵素の作用に差はありませんが、体内分泌においては加齢と共に減少傾向を辿るため、バナナなどアミラーゼを多分に含む食品を意識的に摂取し補う必要があります。

illust1321_thumb.gif


 朝バナナダイエット、失敗のしない成功の秘訣は果糖生成!
上記した酵素、アミラーゼの働きにより生成される果糖が朝バナナダイエット成功の鍵を握っています。
果糖は脂肪燃焼の促進効果のある糖分で、一日のスタートである朝食で生成させることにより、その後の生活における身体の代謝を良くしてくれます。
例としてはウォーキングやジョギング中の水分補給として果糖を含むスポーツドリンクを飲んで脂肪燃焼を促進させ効率よく脂肪が燃やす方法と同意になります。
果糖を生成して代謝の向上を促進させ脂肪を効率的に燃焼、この一連のスパイラルが失敗しない朝バナナダイエット成功の秘訣と覚えておくようにしましょう。

non114_s.gif


 朝バナナには便秘を解消させ快便にする効果がある?
【バナナには繊維が多く含まれているから食べるだけで便秘解消、快便効果がある。】
バナナの性質として良く記載されている一文になりますが、これに関しては半分正解で半分がガセネタです。
確かにバナナには便秘を解消させ快便を促す効果がありますが、それは決して繊維によるものではありません。私たちが1日に必要とする繊維の摂取量は約20gが目安といわれていますが、実はバナナ1本に含まれる繊維は僅か1g少々程度のものです。
バナナによる便秘解消、快便効果をもたらす要因は繊維ではなく、消化の良いバナナの性質がにあります。
つまりバナナ摂取により胃腸の消化作用を促し結果的に快便に繋がるということ、最終的に得られる快便効果が同じため間違った情報が多く蔓延しています。
今後の栄養摂取による健康コントロールにも影響の出る要素なので、理由を間違えて覚えてしまわないよう気をつけ、正しい知識を頭に入れておきましょう。

快便.png


 以上が朝バナナダイエットの実践に臨む前におさえておくべき知識の全概要になります。
手軽に行えるダイエット方法ですが、得られる効果の理屈を正しい知識として理解しておくだけで、結果は大きく左右し、失敗という最悪のケースを回避することが可能です。
効率的に取り組み朝バナナダイエットを成功に導くためにも、本記事の内容をしっかりと頭に入れた上で実践へと移すようにしましょう。
次回からは今回の内容を踏まえた上で、具体的な実践方法に入っていきます。

 次回記事
絶対に失敗しない朝バナナダイエット方法




「スポンサードリンク」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
        オススメダイエット商品(2015.6) 【スキンフェアリー】