背中の肉をとる方法 たるみ解消タオルエクササイズ 背中の部分痩せ 1



 背中の肉をとる方法
 【フェイスタオルを使った簡単エクササイズ、背中の肉を落とし綺麗な背中を構築】

背中部分が大きく開いている服、身体のラインにピタッと密着したTシャツなどを着ると肉のたるみなどが非常に目立ち、あなたが見えずとも周囲の人たちからは目に止まる機会の多い部分・・・
そして、このように人目につく割にはケアを怠りがちになる背中。

自身の背面を見る機会がほぼないからといって油断していませんか?
背中の肉を指で掴めるような状態になっていませんか?


今回からは背中の肉を落としたいという改善ニーズに着目し、背中に知らずと蓄えられた肉(脂肪)の落とし方に特化したエクササイズ方法に入っていきます。

一般的に背中は比較的脂肪のつき難い部分といわれていますが、同時にいったん脂肪がついてしまうと、なかなか落ち難い部分ともいわれています。
現在すでに背中部分に肉を蓄えてしまっている方はもちろん、たるみのないスッキリした背中をすでに持たれている方も決して油断せず、現状維持するためにも本記事で紹介する背中のたるみ解消エクササイズを取り入れ、将来に向けての対策としていただければと思います。

そうだ.png


簡単に取り組める背中のたるみ解消エクササイズを生活の中に上手に取り入れ、見落としがちになる背中の肉を落とし、たるみを解消・・・
綺麗な背中を構築し後姿美人を目指してみましょう。

ではさっそく背中のたるみ解消エクササイズ方法に入っていきます。

スポンサードリンク




背中の肉によるたるみを取り綺麗な背中を構築、後姿美人になる
 背中の肉をとる方法、たるみ解消エクササイズ 1
タオルの両端を握って行うエクササイズになるので、まず初めにご家庭にあるフェイスタオルを準備しましょう。
特に長さなどに決まりはありませんが、肩幅より少し広めにバンザイして両端を掴めるくらいの長さを目安とし、選択すると良いかと思います。

@立位、座位どちらでも構いません。
フェイスタオルの端を両手で持ってピンと張り、頭の上にまっすぐ上げる。
しっかりと腕を伸ばし、背中の筋肉が伸びていることを意識しましょう。

Aフェイスタオルがピンと張った状態を維持したまま、両腕を頭の後ろを通して下に下げる。肩甲骨を真ん中に寄せるような意識を持ちながら行い、下ろした状態をキープ、ゆっくり3秒間数えましょう。

Bゆっくり腕を@の状態に戻して1セット、計20セット/1日取り組んでみましょう。


以上がエクササイズ方法になります。
スポーツジムなどに行った方なら分かるかと思いますが、ラットプルダウンという後背筋を鍛えるマシンと同じ動きになります。
しかし本エクササイズでは負荷をかけず、フェイスタオルのみで取り組むことに意味があり、またこれが非常に重要ポイントになってきます。

男性においては筋肉を鍛えるというパンプアップ目的として成り立つトレーニングも女性においては少し認識にズレがあり、筋肉を鍛えるといってもパンプアップではなくシャープに引き締まった綺麗な身体のラインを構築したいというニーズがほとんどだと言えるからです。

負荷をかけずに動作のみを取り入れ筋肉に刺激を与えることにより、筋肉を肥大させるのではなくシャープでしなやかな筋肉を作る。
つまり女性にニーズである引き締まった綺麗な背中ラインを構築させることが出来るのです。

フェイスタオルを持つだけで、いつでもどこでも簡単に取り組めるお手軽エクササイズ。
上手に取り入れ、背中の肉を落としてたるみを解消・・・綺麗な背中を構築させ、後姿美人を目指しましょう。




「スポンサードリンク」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
        オススメダイエット商品(2015.6) 【スキンフェアリー】