タオルを使って二の腕のたるみを解消、細くする方法 二の腕の部分痩せエクササイズ 3



  二の腕を細くする方法
二の腕の下側部分(上腕三頭筋)が太いといった悩みに着目、二の腕のたるみを取るエクササイズ方法を紹介。
【フェイスタオルエクササイズで細くてたるみのない二の腕を構築】

今回は、皆さんのご家庭にあるフェイスタオルを使った二の腕痩せエクササイズを紹介。

 フェイスタオルを使っての二の腕痩せエクササイズ 効果
脂肪によるたるみを取り二の腕を細くすることはもちろん、肩から腕の関節をやわらかくする効果。
また、腕の皮膚のたるみ(しわ)を取り除き張りのある肌を構築する若返り効果まで期待出来ます。

untitled2.bmp


上記したように、非常に幅広く有益な効果を二の腕に与えてくれるフェイスタオルエクササイズですが、内容はいたってシンプルで簡単、かつ短時間で気軽に取り組めるものになっています。
準備に必要なことは【ご家庭にあるタオルを一枚用意し手にするだけ】
二の腕周りの悩みをまとめて解消。
見た目が若く美しくなるだけでなく、怪我の防止にもなる柔軟でしなやかな関節を構築。
多くの有益効果が期待出来るフェイスタオルエクササイズ!
意欲的に取り組み、若々しく、そして強く引き締まった二の腕ラインを手に入れましょう。

では、フェイスタオルエクササイズの方法に入っていきます。


スポンサードリンク




二の腕のたるみを取り、引き締まった綺麗な腕ラインを構築
 二の腕を細くする方法、たるみ解消エクササイズ 3

まず初めにフェイスタオルを準備、タオルの両端を握って行うエクササイズになるのですが、理屈としてはタオルが長ければ長いほど腕にかかる負荷が弱くなり、逆に短くなれば負荷は強くなります。
しかし負荷が強ければ良いというものではなく、同時に関節を痛めたり怪我の要因にもなるので適度で一般的な長さタオルを選択しましょう。
肩幅より少し広めにバンザイして両端を掴めるくらいの長さが一般的。

@フェイスタオルの端を両手で握り、肩幅より少し広めを意識して腕をまっすぐ上げバンザイの姿勢をとる。

Aタオルをピンと張ったまま右手を(肘がしっかりと伸びきるところまで)下に下ろし、左手は肘を曲げ頭の後ろに下げる。

B右腕はそのままを保ち、左腕も下に下ろす。タオルはピンと張った状態をキープしておくこと。

C左腕は真下に下げたまま、右腕を頭の後ろに上げる。

D両手を頭の上に上げ、@のバンザイ状態に戻る。

E腕を逆にして同様の手順で行う。

左右で1セット、交互に取り組み計5セット〜10セット/1日を目安にましょう。


以上がフェイスタオルを使った二の腕を細くする方法になります。
読んだだけでは少し難しい印象を与えてしまうかもしれませんが、実際にタオルを持ち実践しながら読み進めていただくと、非常に単純で簡単な動作であることがお分かりいただけるかと思います。

文頭でも書いたように、脂肪によるたるみをとり除き二の腕が細くなるだけでなく、柔軟でしなやかな関節を構築する効果。
さらに腕の皮膚のたるみ(しわ)を取り除く、若返り効果まで期待出来る非常い優秀なエクササイズです。
慣れてくるとそれほど時間もとられずお手軽に取り組める内容ですので、生活の中にある空いた時間に上手に取り入れ、二の腕周りの悩みを解消させる一手として役立てていただければ幸いです。

二の腕のたるみ解消エクササイズ 4
いつでもどこでも実践可能!
お手軽、二の腕痩せエクササイズへすすむ。


 関連記事(新しく開く)
二の腕のたるみ解消エクササイズ 1
ペットボトルで二の腕痩せエクササイズ


二の腕のたるみ解消エクササイズ 2
大きな効果、二の腕立て伏せエクササイズ





「スポンサードリンク」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
        オススメダイエット商品(2015.6) 【スキンフェアリー】