足首を細く柔らかくする方法 足首痩せエクササイズ 脚周りの部分痩せ 3



 足首を細く柔らかくする方法 
【簡単足首痩せエクササイズに取り組み、キュッと引き締まった綺麗な足首を手に入れよう】

下半身という括りではなく太くて硬い足首の部分だけを改善する方法が知りたい。

今回も綺麗な脚・下半身という大きな括りではなく、足首の悩みに対するニーズに特化した足首痩せエクササイズ方法の紹介になります。

 油断大敵!足首の怖さ
太ももやふくらはぎなどと比較すると、筋肉の使用頻度が高いこともあって足首は太りにくいパーツといえます。
全体的には太り気味なのに足首だけは細いといった方も見掛けますよね?
ですが太りにくいからといって決して油断してはいけません。
足首の怖いところは上記した筋肉の使用頻度が高いということにあります。
顔や腕のたるみといった悩みを抱えている方なら分かるかと思いますが、脂肪というものは下へ下へと下がっていくものです。
これはもちろん脚にも同じことがいえます。つまり油断していると脚の最も下方にある足首が上から下がってきた脂肪を蓄えてしまうという事態を引き起こしてしまうのです。
そして脂肪を蓄えた上で筋肉の使用頻度が高くなってしまうと・・・
まさに負の連鎖、足首は太く、そしてどんどん硬くなっていってしまいます。

untitled.bmp


足首を手で掴んでみた時の感触はいかがですか・・・
脂肪をで柔らかくなっていませんか? もしくは硬くなっていませんか?


一見地味なパーツですがキュッと細く引き締まり、かつ柔軟さを持つ足首は見た目も非常に美しく、トータルバランスで考える脚全体の綺麗なラインを構築する上では切っても切り離せない大切な部分といえます。

エクササイズ内容は非常に簡単、かつ短時間で取り組める内容ですが効果は抜群!
太い、硬いといった足首の改善を期待出来るエクササイズになります。

足首が太い、足首が硬いといった悩みを抱えている方・・・⤵
今回を機に積極的にエクササイズを取り入れ悩みを解消、細く柔軟さのある綺麗な足首を手に入れましょう。

では足首痩せエクササイズ方法になります。

スポンサードリンク




 足首痩せエクササイズ 筋肉の伸縮、足首を細く柔らかくする方法

@脚を肩幅より少し広めに開いて立ち、顔は真正面、上半身が前傾姿勢にならないよう意識して両手を膝のお皿部分に置く。
立ち方のポイントとしてはとにかく背筋が曲がってしまわないことです。
しっかりと姿勢を正し、土踏まずの上に立つような意識で姿勢を整えましょう。

A上記の基本姿勢から重心をゆっくりと足の外側へ移していき、足の小指側の側面で立ち5秒間キープ。

Bゆっくりと戻し、今度は重心を足の内側へと移し5秒間キープ。
内側に関してはバランスを崩し怪我を招く恐れがあるため側面立ちになるまで足を傾ける必要はありません。
親指に重点的に力を入れる意識で取り組んでみましょう。
外側、内側倒しを1セットとし計10セット取り組む。


以上が足首を細く柔らかくする方法になります。
足首部分の筋肉を伸縮させる内容なので、引き締めて細くすることはもちろん、硬くなった筋肉をほぐし、柔軟な足首を構築する効果も同時に期待出来ます。

少しの空間と時間準備の中でお手軽に実施できる内容です。
空いた時間を上手く利用して出来る限り継続的に取り組み、太くて硬くなってしまった足首の悩みを解消・・・細く柔らかい綺麗な足首を手に入れましょう。




「スポンサードリンク」
この記事へのコメント
こんにちは。
サリーちゃんの足には、なりたくないです。
Posted by ANZU at 2013年02月18日 16:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
        オススメダイエット商品(2015.6) 【スキンフェアリー】