ダンベル運動でウエストを細く、くびれを作る方法! お腹の部分痩せ 13



 ウエストを細く、くびれを作る方法 5回目
ポイントは軽い負荷で、素早い動きで、回数を少し多めに行うの3つ。
簡単ダンベル運動で細く、くびれのあるウエストラインを構築


長期に渡り掲載を続けてきたお腹の部分痩せ方法、どれほど皆さんのお力になれたかは分かりませんが、今回をもってお腹痩せに関する記事は最後になります。
紹介しきれていないお腹ダイエット方法はまだたくさんあるので、効果が期待できる有益な情報はまた機を改めて紹介、皆さんにお伝え出来ればと思います。

お腹痩せ最後の記事となる今回も【くびれを作るウエスト、わき腹部分のお腹痩せ】のニーズに特化したエクササイズを紹介。
ダンベルを使ったエクササイズ(お腹ダイエット)方法になります。


 ダンベルエクササイズ【準備】
ダンベルエクササイズに入る前に、まずは負荷となるダンベルを用意します。
ダンベルは1〜3kgくらいの比較的軽量のものを使用するようにしましょう。
・・・といっても誰もがダンベルを所持しているとは限らないので、そのような方は購入!なんてことはせず、簡単に自作してしまいましょう。

これだ!2.gif


500ml、もしくは1ℓのペットボトルに水、または土を入れたものを作って下さい。
少し持ちにくいかもしれませんがこれだけで簡易ダンベルの完成です。
しかも土に水分を含ませるなどの工夫次第で重さ調整まで自在に行えるといった便利で効率的、かつ経済的な完成度の高い代物です。

ダンベルが用意出来たところで、さっそくダンベルエクササイズに入っていきましょう。


スポンサードリンク




 ダンベルの重さ
今から紹介するダンベルエクササイズ(ダイエット)で使用するダンベルの負荷は、前文でも記述した通り全て1〜3Kgのものにすること、またペットボトルを使用する方は1ℓ以上の容器は使用しないこと、この点は必ず守るようにしましょう。
重たいものを使うと負荷が強すぎ、引き締めるを通り越して立派な筋肉がついてしまいます。
つまり引き締まったウエスト構築はともかく、くびれとは無縁のプロポーションを構築してしまう可能性大といえます。

ダンベルを使ったお腹痩せエクササイズのポイントは・・・
【軽い負荷で、素早い動きで、回数を少し多めに行うこと】
この3つのポイントが頭に入ったら、さっそくエクササイズを開始しましょう。

  ダンベルエクササイズ1
 サイドベンド


@肩幅より少し広く足を開いて、ダンベルを両手に持って立つ。

A左の肩の高さをキープしたまま、息を吐きながら上体を右に倒していく。

B下がった右肩を戻すという意識ではなく、曲がったわき腹を戻すような意識で息を吸いながら上体を戻していく。
上体が戻ったら今度は同様の動きで左側も行う、基本的には左右交互に取り組む。

左右各15回の計30回、2セット/1日を目安に取り組みましょう。



  ダンベルエクササイズ2
 ダンベルツイスト


@肩幅より少し広く足を開いて、ダンベルを両手に持って立つ。

A両足を動かさないこと、ダンベルの重さでの反動をつけないこと。
ポイントは上記2つ、しっかりとわき腹をねじるよう意識を持ち、右斜め後ろ、左斜め後ろと上体を交互にねじる。

左右各20回の計40回、2セット/1日を目安に取り組みましょう。



  ダンベルエクササイズ3
 ワンハンド・プッシュアップ


@横向きに寝た状態から、床側にある下の腕を伸ばし上体を起こし(腰はついた状態)、反対の手にダンベルを持ち腰のあたりに置く。

Aゆっくりと息を吐きながら腰を床から持ち上げ、直後すぐにゆっくりと息を吸いながら元の腰のついた状態に戻す。左右両方おこなう。
大切なことは腰を浮かせるという動きにあり、腰を浮かせた状態をキープすることは重要ではありません。腰を痛める可能性があるため、腰を浮かせた状態は出来るだけ短くしましょう。
左右各10回の計20回、2セット/1日を目安に取り組みましょう。



以上でダンベルエクササイズの紹介は終わりです。
同時に、冒頭でも言った通りお腹痩せの記事は一旦休止という形で今回で終了となります。
長くなり、まとまりも不十分な記事内容でしたが、美しいお腹周りを構築する上で少しでも参考に、微力ながら皆さんが取り組むお腹ダイエットのお役に立てていただければ幸いです。




「スポンサードリンク」
この記事へのコメント
こっちにもコメ♪
埃にまみれた3キロのダンベルは
持ってるけど(笑)
せっかくだから自作してみます。

読んでたら何かできる気分に!?
くびれのないずん胴体型は長年の悩みーー;
挑戦してみよーと思います!

お腹痩せの記事、お疲れ様です。
またの再開を楽しみにしつつ、ダイエット
頑張ってます!!
Posted by tamachan at 2012年11月13日 17:34
 tamachanさん、自作ダンベルは活躍していますか?
『自分でも出来る!』と思うことは、ダイエットを始める上で
とても大切なポイントです。
・・・出来ないと思って始めても、モチベーションを保つこと
は難しく、結果として自己実現も遠のいてしまいます。

tamachanさんが感じたその初心を大切に!
是非チャレンジしてみて下さいね^^
Posted by ブログ主 at 2012年11月18日 17:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
        オススメダイエット商品(2015.6) 【スキンフェアリー】