脂質カットの落とし穴!? 脂質について 1



 三大栄養素のひとつ【脂質】 1回目。
【痩せたいから脂質カット。漠然としたその考えは危険信号】


三大栄養素と呼ばれ私たちの身体の構成に必用不可欠とされながらも、摂取方法を間違えるとダイエットの天敵となってしまう栄養素、たんぱく質・糖質・脂質。

ダイエットの天敵、肥満を引き起こす要素となる糖質
リバウンド対策(体質改善・筋肉構築)として摂取を求められるたんぱく質
そして三大栄養素最後の一つ、今回からは脂質についての記事になります。

【脂質】という漢字から皆さんはどのような印象をお持ちになられますか?
おそらく多くの方が脂質=脂肪と捉え、ダイエット中ならば過敏に注意がいくことは勿論、摂取量に最も気を配らなければならないと思う栄養素なのではないでしょうか。

困った.gif


勿論このような脂質に対する印象は間違ってはおらず、過剰摂取などを行うと脂肪をどんどん体内に蓄え肥満を引き起こす要因となってしまいます。ですが、だからといって痩せたいという一心で極端な脂質カットを行うことは健康面・美容面・アンチエイジング面で危険信号!

文頭でも述べた通り私たちの身体の構成に必用不可欠な三大栄養素の一つに数えられるだけあり、脂質は私たちの身体に多大な影響を与える重要な働きを持っています。つまり、ダイエット成功の焦りから知識も持たず漠然とカットするという安易な発想は何度も言いますが非常に危険な行為といえます。

上手くいかない.gif


後半では【脂質とはいったいどのようなものなのか?】に着目、その重要性や働きについて解説していきます。ダイエットを成功させる上で、必ずおさえておきたい知識となるので簡単にでも一読し、脂質に対する認識にもう一度向き合い直してみましょう。


スポンサードリンク




  脂質とは?
ひと言で簡単にいうのであれば、脂質はその名前・字の表す通り脂(油)、つまり脂肪のことを指します。
前文でも述べた通り三大栄養素の中ではもっとも大きなエネルギー(カロリー値)となり、たった1gでも9kcalものエネルギー量を持っています。
カロリー表記などを気にされている方であればこの数値がいかに大きなものかお分かりいただけるかと思います。まさにエネルギーの塊、これが一般的にダイエットには脂質カットが効果的と言われる理由になっていると考えてまず間違いはないでしょう。

やっぱりダイエットの天敵なんだ、脂質カットを行わなければ!!

当然このように思われた方も多いかと思いますが、焦る気持ちを抑え記事を読みすすめていきましょう。

脂質は確かに膨大なエネルギーを持っていますし、ダイエットの天敵と捉えていただいて構いません。
ですが、このような発想はあくまで脂質吸収のみを捉えた見解であり、ここでポイントとなるのが吸収が行われれば必然的に同時に行われる消費作用になります。
人間は運動行為などに限らず生きていく上での最低限必用な基礎代謝として実に多くのエネルギーを消費します。その消費量は個人差はあるにしても少なくとも一日に1000kcal以上といわれ、なんとそのカロリーは蓄えた脂肪(脂質)から優先的に捻出しているのです。

もうお分かりですね?

確かに脂質は上記したカロリー数値(消費量)を上回るほどの過剰摂取をしてしまうと脂肪をどんどん蓄え太ってしまう肥満要因となってしまいますが・・・
逆に過敏に注意を払い摂取を抑えすぎると、すぐに脂質不足に陥ってしまい、確かに痩せるには痩せるのですが脂質不足により様々な身体トラブルを引き起こしてしまうことになります。

お断り.gif


 脂質の持つ働きとは?
脂質にはエネルギー源として脂肪を蓄える以外にも大切な働きがあります。
一部の紹介になりますが、主な大きな働きとしてホルモンバランスを整える・ビタミン(ビタミンA・D・E・Kなど)の吸引を助けるの2つがあります。

 脂質不足、上記2つの働きが機能しないことにより引き起こされる身体トラブルとは?
脂質不足によりホルモンバランスが崩れてしまうと女性らしさや男性らしさが失われていくだけでなく、発育上の障害や皮膚炎の原因になります。
ホルモンは目に見えて捉えることの出来ない要素になりますが身体を健やかに保つ上で絶対に欠かしてはいけないものになります。目視出来ないからこそ脂質はきちんと摂取するといった意識が求められます。

また脂質不足によりビタミンの吸引力が低下してしまうと身体の新陳代謝が低下してしまいます。
わかり易くいうとこれはつまり老化を促進させることを意味しています。

脂質カットを頑張って確かに体重は落ちたけど、肌はがさがさ、しかも急激に老け込んだ。
これではまさに本末転倒な結果、綺麗に痩せていく上で脂質摂取は非常に重要な要素となることを覚えておきましょう。

いかがですか? 少しは脂質に対しての先入観認識に変化が起こったのではないでしょうか?

次回は【2種類の脂質、飽和脂肪酸・不飽和脂肪酸について】
次々回では【ダイエット中における1日当たりの脂質摂取量】についての記事になります。
全3回に渡って紹介する脂質について、全てを読み理解を深めることにより、微力ながら皆さんが取り組まれるダイエットを有利にすすめるお役に立てていただければ幸いです。




「スポンサードリンク」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/277787957

この記事へのトラックバック
        オススメダイエット商品(2015.6) 【スキンフェアリー】